title of YORK
ジャズの聴ける店"YORK"(ヨーク)

YORKの看板 YORKの前の通り  "YORK"(ヨーク)は金沢・香林坊にあるジャズの聴ける店です。
 この店が始まったのが,1969年の12月22日。

(この看板が目印)

(日本銀行金沢支店の高さ5m余りの壁際から写真を撮ると右の写真のような感じ)
 かれこれ30年余り(というか,これを最初に書いてからすでに何年もたつので,今では40年近く)の歴史のある店です。
 私がこの店へ行きだしたのは,社会人になった1980年ごろからなので,結構長いおつきあいです。
 一人ぼーっとジャズを聴くもよし,二人静かに語らうもよし,たくさんで行って,ボックス席を陣取るもよし,そして,マスターとの会話を楽しむもよし,とにかく気楽にくつろげる店,そして,ジャズの聴ける店です。

YORKのカウンター越しに立つマスターと仁美ちゃん  店内には3000枚近いレコードが並んでいます。最近ではCDも増えてきましたが,まだまだアナログを聴かせる店です。

(左は一応仕事中(?)のマスター)

 このように,壁にはずらりとレコードが並ぶ。
 しかし,CDも増えてきたね。マスターの背中あたりはCD

 さて,この"YORK",いったいどこにあるかというと,金沢の繁華街香林坊は,日本銀行金沢支店のすぐ裏にあります。
 所在地はというと 香林坊2−12−33
       電話 262−2612 です。

YORKの所在地地図  日本銀行を取り囲む,白い(本当は灰色っぽいようだが,夜の闇で,白く見える),そして,高い(よじ登ることは不可能な)塀に沿って歩くと,たどり着きます。
 ちょっと暗い通りにありますが,最初の写真のような看板が目印。

 営業時間はというと,
  12:00〜14:00 と
  18:00〜25:00 です。
 夜中は,かわいい女の子が,「もっとジャズを聴かせて」とせがむと営業時間が延びます。
 「こんな雪の降る寒い夜は誰も来んわ」ということになれば閉まるかも知れません。

ボトルの並ぶ棚
 続いて,お品書きはというと
  コーヒー  400円
  ビール   700円
  ウィスキー 600円〜
  ボトルキープ 6000円〜
 といったところ。

 ちなみに,私はニッカの「Pure Malt」
 この化学薬品を入れるような,透明ガラスの瓶が好き。
  (ボトルの並ぶ棚の中のPKP(Prince Kochan's Production)のボトルが右の写真)
 昔はこの栓もコルクだけで,もっと雰囲気がよかった。
 各自,この瓶のラベルにマジックでサインをする。
 私は毎度おなじみpkpmark(Prince Kochan's Production)マークを書き込んでおります。

稲庭うどんです YORKのカウンター越しに立つママです
 (左はある日食べた「いなにわうどん」)

 他のメニューはというと,右の写真のように黒板に書いてあります。
 ちなみに,右に登場しているのはマスターのつれ合いさん。
 実は陰の支配人!!

 この写真を撮ったときに書いてあったメニューを書き写すと……
  サラミ  ゆとふ  もみじ子  ピクルス  銀杏   きむち
  焼ソ   寿留女  リンゴ   鰯     エイヒレ 柿種
  スパ   ウインナ らきよ   チーズ   トマト  梅
  うどん  漬    サーデン  オリーヴ
 とこんなもの。
 このほかにも,季節の料理が出てきます。(マスター談)
 ま,何ができるのか聞くのが一番。
 私はちょっと何か食べたいときには焼きそばか,うどんを頼みます。

 さて,最後に何かおもしろいレコードなあい?と聞いて出てきたのがこれです。
A Portraito of Louis Armstrong    Benny Goodman    Charnegie Hall Jazz Concert   
 左より「A Portrait of Louis Armstrong」ってやつ。
 お隣は「Benny Goodman」のやつ。25cmのLP。
 右は「Charnegie Hall Jazz Concert」タイトルは「Just Jazz」ってなってたような気がする。
 これも25cmのLP。こんなサイズのは見たことない年代なんです私……
 おまけに,ジャズがわかっててこの店に通ってるんじゃなく,ぼーっとして音楽が聴けるのが好きで,"YORK"が好きな私です。
 だから,レコードの解説は無理なのであしからず。
 そんな,私が気軽に立ち寄り,ぼーっとアナログを聴いているのがこの"YORK"でした。
 みなさんもぜひ一度お立ち寄りを……

 ヨークのマスター奥井さんにおかれては,2003年6月17日ご逝去されました。
 ここに謹んで哀悼の意を表すとともに,ご冥福をお祈りします。
 なお,ヨークは現在も営業を続けております。

 気が向いたときに「YORK」に行って,さらに気が向いたときに書く「満腹探検隊」の報告は,その中の「YORK」のページをどうぞ。