金沢弁 金沢弁「あいさつ言葉」大特集

雲 金沢弁の中でも「あいさつ言葉」をあれこれ紹介します。
 出典は,金沢市商工観光課発行の「おいであそばせ/おいだすばせ 美しい金沢言葉普及事業「接客言葉」T」1986年発行 からです。

田舎の雰囲気の仕切り線

金沢弁 「あんやと存じみす」・「あんやと」=「ありがとうございます」雲

 お礼の言葉ですね。
 「あんやと」は親しい間柄で使います。

金沢弁 「いっておいであそばせ」・「いってらっし」=「いってらっしゃい」

 出かけるときには「いってらっし」。「いっておいであそばせ」だとお客さん用の言葉ですね。

金沢弁 「いらさるこっちゃ」=「いてください」

 そんなに遠慮しないで,ゆっくりしていって下さいよ,といった感じで,くだけた表現ですね。

金沢弁 「いらしておいであそばせ」=「さようなら」雲

 さようならという意味ですが,また来て下さいね,という気持ちを表しています。

金沢弁 「おいであそばせ」・「おいだすばせ」=「いらっしゃいませ」

 「おいであそばせ」がなまって「おいだすばせ」となったと言うべきでしょうか。
 「ようこそいらっしゃいました」とお客様を迎えたときの言葉です。

金沢弁 「おきのどくな」・「きのどくな」=「すみません。ありがとうございます」雲

 ふつう「気の毒な」といえば「気の毒な人」というように「かわいそう」という意味ですが,金沢弁ではこれが「ありがとう」なのです。
 何かもらったり,何かしてもらったりすると「あらー,気の毒な。」と言います。初めて聞いた人にはせっかく好意を受けてどうして「気の毒なの?」と思ってしまいますが,実は感謝の言葉なのです。

金沢弁 「お静かに」=「お気をつけて」

 お客様が帰るときに,帰り道に何もありませんようにという気持ちの言葉ですね。

金沢弁 「おひんなりさんでございみす」=「おはようございます」

 「お昼になりました」というのがなまったのでしょうか?実はよく知らないのですが,「お日様が出ました」というのかも知れません。とにかく朝のあいさつです。

金沢弁 「おゆるっしゅ」=「よろしく」

 別れに際してのあいさつ言葉で,「よろしく」がなまったのでしょうか。

金沢弁 「おるまっし」・「おるまっしま」=「いてください」

 そんなにあせらないで,ゆっくりここにいなさいよ,という気持ちです。
 親しい間柄で使いますね。

金沢弁 「ごきみっさま」・「ごきみっつぁんな」=「ごていねいな。ありがとう」

 感謝の気持ちを表しますが,特にお金を受け取ったときに使います。

金沢弁 「ごめんあそばせ」・「ごめん」=「ごめんください」

 他の家を訪問したときのあいさつです。
 「ごめん」は武家言葉の名残であるといわれています。

金沢弁 「こんね」=「こんにちは」

 これまた他の家を訪問したときの言葉です。

金沢弁 「ながいこって」=「お久しぶりですね」

 久々に訪れたお客様に対するあいさつです。
 長いこと会いませんでしたね,という感じです。

金沢弁 「まいどさん」=「こんにちは。こんばんは」

 朝が「おひんなりさんでございみす」なら,午後からは「まいどさん」です。

金沢弁 「またおいであそばせ」=「またお越しください」

 ということで,金沢弁「あいさつ言葉」特集のページもおしまい。
 「お近いうちに,Prince Kochan's Productionのページへ,またおいであそばせ」

雲

田舎の雰囲気の仕切り線