金沢弁 金沢弁「人を呼ぶときの言葉」大特集

雲  金沢弁の中でも「人を呼ぶときの言葉」をあれこれ紹介します。
 つまり,代名詞ですね。
 出典は,金沢市商工観光課発行の「おいであそばせ・おいだすばせ 美しい金沢言葉普及事業「接客言葉」T」1986年発行 からです。

田舎の雰囲気の仕切り線

金沢弁 「ねーさん」・「ねえさん」=「奥さん」

 「ねーさん」といっても姉のことではなく,一般的に「女性」をさして言うことが多いですね。
 親しい間柄というよりも尊敬の意味が含まれています。

金沢弁 「おあねえさん」・「あわねえさん」=「奥様」

 「ねえさん」をさらに丁寧に言うとこうなります。

金沢弁 「おかっつぁん」=「奥様」

 「やや年輩の奥様。「女将(おかみ)さん」「お姑(しゅうと)さん」なども含んだ呼称」と商工観光課の「おいであそばせ」にはあるのですが,私自身はあまり聞きません。

金沢弁 「おあんさん」・「あわんさん」=「ご主人」

 女性に対する「ねえさん」に対応して,男性には「あんちゃん」ですね。
 私も時々「あんちゃん」と呼ばれますが,「おあんさん」とまでは言われません。
 まだ年季が足りない!!

金沢弁 「だんさん」・「だんなさん」=「ご主人」

 「だんなさん」はふつうにも言いますが,「な」がなくなって「だんさん」というのが特徴でしょうか。

金沢弁 「たーた」=「お嬢さん」雲

 少女をさして言います。しかし,「お嬢さん」というようにちょっと上品に言うのもあるけど,単なるおてんば娘に対しても「たーた」です。

金沢弁 「にゃーにゃ」=「娘さん」

 猫じゃありません。一般的に娘さんのことをさして言います。
 ちなみに,加賀温泉郷は山中温泉に「にゃぁにゃぁまんじゅう(娘娘饅頭)」という名物まんじゅうがあります。甘いものが好きな人はぜひ食べてみて下さい。

金沢弁 「おひと」・「おかた」・「おひとさん」=「あの人,あの方,お客さん」

 第三者の尊称。
 前出書には「丁寧で美しい金沢言葉の代表的な用語の一つ」とあります。 雲

田舎の雰囲気の仕切り線