満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:長浜豚骨ラーメン 一番軒(いちばんけん)

分類:中華(ラーメン)
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:愛知県名古屋市西区上名古屋2-5-6【浄心店】(鶴舞線浄心駅すぐ近く・浄心交差点北東側)
探検時期:2018年12月  今回の探検目的:昼食+ちょい呑み
今回のお品書きと所要経費
白豚骨ラーメン+セット餃子 (680+250)→930円
黒豚骨ラーメン+セット唐揚げ (700+250)→950円
煮干トンラーメン+セット焼きめし (700+350)→1050円
辛味噌豚骨謹製味玉ラーメン (730+70)→800円
替え玉×2 (100×2)→200円
生ビール×3 (450×3)→1350円 総計5280円
探検隊の報告:
 名古屋でのお昼ごはんである。初めてここ「長浜豚骨ラーメン 一番軒」にやって来た。
 この店は「長浜」と銘打ってはいるが,福岡が本店ということはなく,名古屋が本店の名古屋中心に展開する店のようである。
 今回は大人4人と,小さな子供2人の昼食であったが,大人4人なので,この店の4種類のラーメンを注文してみた。そして子供たちのお昼ごはんや,大人のビールのおつまみも兼ねて,それぞれに「餃子セット」,「唐揚げセット」,「焼きめしセット」として注文したのだった。
 こちら「白豚骨ラーメン」。この店の基本のようである。
 お店のうたい文句は「元祖長浜の味を原点に,時代と共に進化し続けてきた,濃厚ながらキレのある基本の一杯です。」
 ちなみに,ラーメンには5種類あり,今回注文しなかったのは「台湾豚骨ラーメン」である。
 こちら「黒豚骨ラーメン」。
 お店のうたい文句は「丁寧に煮詰めたマー油(焦がしにんにく油)を加えて,さらにコク深くなった一杯です。」
 ちなみに,どのラーメンとセットのものにしても餃子などは同じ値段であり,今回は適当に,便宜的にそれぞれに合わせてセットものとして注文したのだった。当たり前ではあるが,ラーメンとのセットにすると,単に単品を注文するよりも一品50円お安く上がるのであった。
 こちら「辛味噌豚骨ラーメン」に味玉をのっけた「謹製味玉ラーメン」
 お店のうたい文句は「特製ジャンと豚骨の融合。辛味と旨味が溶け合い完成した濃厚スープをぜひご堪能ください。」
 右はセットのチャーハン。
 それにしても,注文はすべてテーブルにあるタッチパネルである。時代だねえ。
 もちろん紙に印刷されたお品書きもあり,それを見ることによって全体を概観できる。やっぱりこのように紙媒体というのは大切である。小さな画面にはすべてが入りきらず,比較が難しい。紙だとすぐに他のページを見ることができるし,同時に4つ,5つの比較もできるのであった。
 こちら「煮干トン(にぼとん)ラーメン」
 お店のうたい文句は「全国から厳選した20種類以上の煮干しを独自ブレンドした,やみつき超濃厚煮干し豚骨スープ」
 右はセット物の唐揚げと餃子。いやはやビールのおつまみにいいね。
 ということで,以上4種類のラーメンであるが,これもみんなでスープをいろいろと飲んでみることで比較もできるのであった。
 じゃあどれがよかったかというと,どれも美味しかった。それぞれに味わいがあり,おそらくここでどれを食べてもはずれはないであろう。
 最後に替え玉も注文した。替え玉が100円だから,替え玉って安いよねえと思うのであった。4人の大人で,ラーメン2杯で,替え玉6つでも充分いけたのではないかと思えるのだった。
 最後に,この店の最大の欠点は駐車場がないことである。まあ,都会なのでこれが当たり前なのだろう。都会だから仕方ないが,車で来ようとすると,近所の有料駐車場に止めなくてはならない。今回は子供もいるので車で来たが,たとえば一人だけだったら,車で来て,駐車料金を払ってまで食べようとするかというと,なかなか難しい選択である。もちろん,都会なので地下鉄の駅の出口から徒歩1分だから,車なんか使わずに,徒歩ででも楽にやって来ることはできるので,そうすればいいのだが。
 地方都市に住み,車がなければ移動には不自由し,いつも無料の駐車場のある店にしか行かないから,駐車料金がもったいない,などと思うのだろうな。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集