満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:夢の平コスモス荘

分類:和食・洋食・ラーメン
所在地:富山県砺波市五谷字源谷22(夢の平スキー場)

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ざるそば
今回の所要経費:800円
探検隊の報告:
 今年の夏のあの暑さは何だったんだ。いきなり涼しくなった10月の第1日曜日,たまには出かけようではないかとコスモスを見に来る。
 西側の湯谷温泉の方から県道346号線(湯谷山田線)を駆け上がる。
 夢の平に近づこうという頃,道ばたに「夢の平コスモスウオッチは中止になりました」という看板があり,これはまた,コスモスも植えてないのかと思ったが,ここまで来たら,ただのドライブでもいいからと,目的地をめざした。
 途中に散居村が展望できるところが2つあり,天気はいまいちだったが上ってみて,パノラマ写真を撮影する。
散居村展望広場から見る砺波平野と散居村
散居村展望台から見る砺波平野と散居村
(上の写真の大きな画像は「おすすめの日本 パノラマ写真特集」のページの「散居村展望広場・散居村展望台からの砺波平野の散居村の眺め」のページへどうぞ)
コスモス
(←散居村展望台のコスモス)
 さて,着いてみると,「中止になりました」とはいえ,たくさんのコスモスが咲き,人々がやって来ている。大々的に特別なイベントをやっているのではなく,やって来た人はどうぞ見ていってくださいという感じである。
コスモス (コスモス畑から「コスモス荘」を見る→)
 コスモス畑を少し歩き,12時も回って小腹が空いたところでやって来たのだが,ここ「夢の平コスモス荘」であった。
 食堂は営業しており,座席数はCOVID−19のせいで半分に減らしてはいるものの,7割ほどの入りである。入って,なんでみんな山の方を見て座っているのかと思ったら,4人掛けの反対側の椅子がすべて取り払われ,そちら向きにしか座れないのだった。
ざるそば  ということで,ここはやはり「手打ちそばでしょう」と,連れ合いと2人「ざるそば」を頼んだ。
 この量で800円だから,結構いいお値段ではあるが,なかなかに美味しい蕎麦であった。
ざるそば  食べ終えて蕎麦湯をもらいに行ったら,ちゃんとした湯桶に入れてくれた。
 小腹が満たされたところで山を下りる。
(ざるそばの向こうにはスキー場のゲレンデ。今はそこがコスモス畑になっている→)
彼岸花・曼珠沙華  途中庄川沿いの「砺波市健康福祉施設 ゆずの郷 やまぶき」に立ち寄り,温泉に入る。
 えらくきれいな施設で,風呂はそんなに広くはないが,この時期来館者も少なく,風呂も休憩所もゆったりと使えて,これで510円。ボディソープもシャンプーも備え付けで,なかなかよかった。
 右の写真は庄川の河川敷に下りてみたところ。
 どこを走っても曼珠沙華が咲き乱れる季節,ちょっとした心の洗濯であった。

このページの先頭

−−−田舎の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2020年10月)のお品書きいろいろ:
うどん・そば(同一価格)
かけ→500円,わかめ,月見→各600円,天ぷら→700円
醤油ラーメン→600円,チャーシューメン→800円
大門そうめん→700円
カレーライス→700円,カツカレー→1000円
海老チャーハン→700円 など そのほか飲み物や券売機にないものもあり

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報