満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:大吟豚(だいぎんとん)

分類:ラーメン
所在地:金沢市八日市2−40−1(八日市南交差点近く)

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ラーメン+味玉
今回の所要経費:700円+0円(無料クーポン使用)
探検隊の報告:
 いかにも「豚骨醤油」という味の,濃厚なラーメンだった。
 初訪問である。行ったことのない店に行ってみようと,やって来たのはここ「大吟豚」。某冊子にクーポン券があり,ならばそれを使おうとやって来たのだった。
 注文はこの店の基本の「ラーメン」。「ライスは無料ですがどうしますか?」と聞かれて,食べ過ぎないようにお断りする。だが,それ以外に味の濃さやら麺の堅さなどを聞かれなかったのだが,あとでお品書きをじっくりと眺めると,いろいろな選択肢があった。
ラーメン+味玉  さて,待つことしばし,やって来た「ラーメン」だが,スープを一口すすれば,強烈な豚骨の味と香り。これぞ「豚骨醤油ラーメン」という感じであった。
 麺は中太の縮れ麺。これくらいの太さは好みである。
 チャーシューも濃い味ではなく,スープを引き立てる程度の味。
 そして,海苔が実にこのラーメンに合う。いつものように半分にちぎっては,スープに浸し,麺と共にいただくのだが,スープの旨味がしみている。
 ただ,麺を食べ終えて,スープをすすろうとしたが,スープだけでは濃すぎる。お汁好きではあるが,最後までは飲み干そうとは思わない。いや,思えない。
 ラーメンのスープってなんて濃いのが多いんだろうと思った瞬間であった。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:極上葱塩牛とん+半熟味玉
今回の所要経費:850円+0円(無料クーポン使用)
探検隊の報告:
 久しぶりの訪問である。前回濃い味のラーメンだったが,コクもあり美味しかった。なので今日もまた,違うものにしてみるかとやって来る。
 基本のお品書きを開いて,前回はいつものように一番左上だったので,次にはその下を選択しようかと思ったが,やたらと1枚ものの期間限定品がある。5,6品はあっただろうか。でついつい期間限定ものに弱い「満腹探検隊」はその中の1枚の「極上葱塩牛とん」を選んだのだった。
 いや,持って行ったクーポン券の写真がこの「極上葱塩牛とん」だったので,ついつい宣伝に惹かれて注文してしまったと言ってもいい。
 注文すると「ニンニクは大丈夫ですか?」と聞かれて,このあと人に会う仕事もないので,そのまま入れてもらうこととする。
極上葱塩牛とん+半熟味玉  こいつは豚骨ベースのスープの塩味。そしてチャーシュー代わりに牛タン塩焼きが載るのだった。
 この牛タンのあぶり焼き結構塩辛い。そしてこのスープが結構濃い味の塩豚骨。
 ただ,太めのこの麺が実に美味い。
 スープは美味いが濃いといった味わいであった。だが,濃いめのスープをついついほとんど飲んでしまう。葱塩と言いながらも,葱の存在はあまり感じられない。おろしニンニクはそのまますべて混ぜたのだが,ニンニクの味と香りどころではなく,濃いめの塩味なのだった。
 こいつは喉が渇くこと必至。

このページの先頭

−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2020年10月)のお品書きいろいろ:
  ラーメン(醤油・塩)→700円
 大盛り→100円増し
  半熟味玉ラーメン→800円
  MAXラーメン(チャーシュー2枚,味玉,海苔3枚)→950円
  チャーシューメン→950円
  メガMAXラーメン(全部のせ)→1000円
こだわり限定麺(熟成チャーシュー2枚,野菜,味玉,メンマ,ネギ,海苔付き)→各850円
  ばりとん(特性九州豚骨,特注極細麺)
  味噌とん(特選味噌と香味野菜豚骨)
  魚とん(4種の濃厚魚介に柚子入り)
トッピング
 くずれ味玉→50円
 海苔増し,ほうれん草,半熟味玉,うずら(3個),メンマ→各100円
 もやキャベ→150円,チャーシュー→250円
そのほか限定もののラーメン,サードメニュー,ご飯もの,飲み物などあり

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:吟二郎(野菜増し)
今回の所要経費:850円(野菜増しは無料)
探検隊の報告:
 いやはや満腹になったね。
 今日の選択は「吟二郎」。「野菜増し」無料ということで,通常の2倍という盛り方の「野菜増し」を注文する。
 「ニンニクはそのままでいいですか」と聞かれ,午後からは人に会う予定もないので,そのままニンニクのせを注文する。
吟二郎(野菜増し)  やって来て思ったのは,もうちょっと富士山みたいな盛り方かと思ったが,白山程度だった。しかし,実際の中身は確かに野菜2倍といった体で,実にたっぷりあった。
 スープは相変わらずいい味である。
 そして麺は食べ応えのある太麺。これも実に美味い。
 それにしても,食べてもなかなかなくならないなあ,なんて感想を漏らすほど,結構な量なのだった。いい味のスープだったので,もっともっと飲もうと思ったけど,入らない。今日はまさしく「満腹探検隊」であった。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:魚とん(うおとん)秋季限定ラーメン
今回の所要経費:850円
探検隊の報告:
 相変わらず濃厚でいい味だったね。おまけに魚介の香りたっぷりだった。
 「ラーメン探検隊」はまたもやここ「大吟豚」にやって来た。ここの太麺が実に美味しいのと,スープの濃厚さが気に入り,3度目の訪問である。
 今日選んだのは,通常のお品書きではなく,1枚もののお品書きの中から選んだ「魚とん」の「秋季限定ラーメン」。もはや冬なのだがまだ残る「秋季限定ラーメン」をいただく。
魚とん(うおとん)秋季限定ラーメン  さて,スープを一口いただくと,強烈な魚粉の味と香り。それが豚骨醤油のスープとうまく合っていい味である。そしてこの店らしい濃厚な味。いや,自分にとっては濃すぎるのだが,たまには食べたい濃厚な味である。
 お店のうたい文句は「ハマグリを具,スープともにふんだんに使用し,豚,鶏を軸に鰹節,鯖節,煮干し,アジ干しをブレンドした濃厚かつ味わい深いトリプルスープ。ていねいに下処理し低温でじっくり3日かけて仕上げたレアチャーシューも絶品。」
 確かにかなりの魚介の味であった。
 そしてこの太麺が実にいつもいい感じでかみ応えもあり美味しい。願わくば,この麺がもうちょっと長いといいな。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2021年1月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:煮干味噌とん(にぼみそとん)
今回の所要経費:750円(850円のところクーポン使用で100円引き)
探検隊の報告:
煮干味噌とん(にぼみそとん)  新年初訪問で,初めて見たお品書きの「煮干味噌とん」を注文してみた。
 まずはスープを一口すするが,魚介の味わいがふわりと広がる。
 次に食べる前に上のおろし生姜を混ぜ合わせたら,魚介の味が分からなくなり,どちらかと言えば,「味噌ラーメン」といった体。
 お店のうたい文句は
「瀬戸内産100%の煮干しをふんだんに八丁味噌と信州味噌さらに香味野菜を混ぜた特製味噌。自慢の濃厚豚骨,仕上げに地鶏の鶏油かけました。能登産豚の角煮,レアチャーシュー。アクセントに生おろし生姜,豆板醤を添えた逸品。」
 つまりは「豚骨味噌ラーメン」という感じなのか。
 この角煮が結構大きく,食べ応えがある。まあおじさんとしてはこのような肉はどうでもいいのだが,この分でおそらく100円以上は通常のラーメンよりお値段が高いので,味わいつついただく。
 そして何よりもここの麺が太麺で美味い。
 生姜は味噌に合うねえ。豆板醤の辛味はとりたてて感じられなかったが,やはりスープは好みの味噌味で,いい感じだったのでしっかりと飲み干す。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2021年2月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:味噌とん
今回の所要経費:850円
探検隊の報告:
 「味噌とん」その名の通り「味噌味の豚骨」だった。
 いや,そりゃあ当たり前だねえ。
味噌とん  今日はお昼に職場を抜け出して,ここ「大吟豚」へとやって来た。とりあえず当面の目標はここのお品書き全制覇である。で,レギュラーメニューの中の「味噌とん」を選んでみた。前回は「期間限定」の「煮干味噌とん」だったが,今回はレギュラーメニューである。おねえさんに注文すると限定品との混同を避けるために「そちらの『味噌とん』ですね」とメニューを見ながら確認される。
 通常の「ラーメン」に対しては150円高。その分は味噌味の部分と味玉付きの部分か。いや,海苔は1枚だけになっている。
 さて,ご所望の品のスープを一口すすると,確かにほんのりと味噌の味。そして,しっかりと豚骨スープの味わいである。
 途中から刻み生姜を入れてみた。しかし前回の「煮干味噌とん」のおろし生姜と違い,刻み生姜なので,スープにそんなに味わいが加わるわけではなかった。
 それにしても,ここはやはりこの太麺が美味しい。「低加水麺」とあるが,このような食べ応えのある麺が好みである。
 最終的には味噌味はあまりせず,むしろ豚骨っぽさが表に出ていたラーメンだったが,スープはしっかりといただいた。これは前回の限定品の「煮干味噌とん」の方が美味しかったと思う。
 さて,次は何にしようかな。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ 検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→ お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ   更新情報