満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:旬菜麺茶屋 五目亭(ごもくてい)

分類:和食・中華(ラーメン)
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。

−−−お箸の仕切り線−−−
所在地:福井県福井市中央1−3−7【駅前店】(福井駅前・駅の西側すぐ)
探検時期:2020年1月  今回の探検目的:昼食兼宴会
今回のお品書き:2000円ぽっきり!!コース+生ビール+国産純けいの炭火焼き
2000円ぽっきりコースの内容は「飲み放題メニュー」の中の飲み物60分間飲み放題+やみつき塩キャベツ+ほかほか枝豆+若鶏唐揚げ+さきイカの天ぷら+五目亭餃子+越前塩仕立ておでん盛り合わせ+〆のミニらーめん
今回の所要経費:2200円+594円+638円→3432円
探検隊の報告:
 福井から金沢への帰りである。正月三が日も終わり,電車で金沢へと帰る。
 福井駅前にたどり着いたのは12時ちょっと前。土曜日ということもあり,新しくなった駅舎や駅ビルは人々で賑わっている。試食で食べた好物の「鯖寿司」も美味しかったので,これを買って電車の中で呑むという手もあったのだが,やはり駅に来る途中でいくつか面白そうな店が目に入り,とりあえずは連れ合いと2人,駅前探検に出かける。
 しかしこの福井駅前はかなりの店が大手のチェーン店に占拠されている。いろいろと再開発がされたようだが,見かけた飲食店,居酒屋は全国チェーン店が半数以上を占めており,どこかで見たことのある店ばかりである。頑張れ地元民!という感じである。
 そうやって歩いていて目についたのがこの「2000円ぽっきりコース」というやつである。同じくこれとほとんど同じような内容の「2000円ぽっきりコース」という「八葉(はちよう)」という店もあったが,これはお互いに対抗し合って,このような「2000円ぽっきりコース」を出しているのかと思ったが,そうではなかった。似ているのもそのはず,後で知ったが,同じ会社の経営する店だった。
 ということで,実はこの2つの店の表の「2000円ぽっきりコース」を見比べて,「〆のラーメン」のあるこちら「五目亭」にしたのだった。
 ちなみに,この2つの店の経営母体は地元福井の会社である。こういう地元の店こそ頑張れ!と言いたいところだが,成長するに従って,福井県内に次々とチェーン店を出し,「没個性化」していくのではないかと憂慮するが,余計なお節介ではある。
 さて,連れ合いと2人店に入り,空いている窓際の席に座る。
 お品書きを眺めて,とにかく2人で「2000円ぽっきりコース」を2つにしようという計画だったが,やって来た接客のおねえさんに「1人だけがこの『2000円ぽっきりコース』で,もう1人が別のものを頼んでもいいのか?」と聞くと,いともあっさりと「いいですよ。」との答え。
 通常の宴会ならば,酒を呑んでも呑まなくても,全員が同じ飲み放題コースである。誰かが飲み放題コースにして,知らん顔してほかの者がその飲み放題の飲み物をいただくということは許されないのが基本である。つまりは昼間っからまるで宴会のように呑んでいく団体もなかろうということであろうか。つまりはここで酒を呑むのは自分だけで,連れ合いはきっと食事だけをするのだろうから,「2000円ぽっきりコース」は1人だけでもいいですよ,という発想なのであろう。
 ということで,方針が決定する。
 「2000円ぽっきりコース」は1つとあとは何か単品をちょっとだけ注文して,連れ合いも呑むつもりなので,アルコール類をとりあえずは1つ注文しておこう,という方針である。
ビールと冷酒  さて,呼び出しボタンを押すと,先ほどのおねえさんがやって来る。で,飲み放題でビールを注文しようとしたら,こいつが発泡酒しかない。飲み放題メニューにはビールがないのだった。だから安いのか,と納得する。発泡酒は飲む気がしないので,連れ合いの注文するものを「生ビール(一番搾り)」594円也とし,最初から冷酒をいただくこととする。
 そして注文する単品は,お酒のアテになりそうな「国産純けいの炭火焼き」638円也である。
 まずは「生ビール中ジョッキ」と冷酒がやって来る。
 冷酒はまあ一合弱であったろうか。銘柄は聞きそびれたが,すっきりとした飲み口の冷酒であった。
ほかほか枝豆+塩キャベツ  程なくして,「2000円ぽっきりコース」の「やみつき塩キャベツ」と「ほかほか枝豆」がやって来る。
 「やみつき塩キャベツ」は塩味のごま油がかかっており,全くもって単純な料理だが,酒が進む。
 「ほかほか枝豆」は温かい。少々冷えている外を歩き回ったので,温かいものもありがたい。

若鶏唐揚げ+さきイカの天ぷら+五目亭餃子  しかし,次のおつまみがなかなか来ない。だが,飲み放題であるので,この際おつまみは気にせず,冷酒のお代わりである。
 ついでに,うちの連れ合いもちょっともらうからと白ワインを頼む。
 ワインが届いたついでに「おつまみになるものまだですか?」とバイトらしき女の子に聞いてみるが,次の「さきイカの天ぷら+若鶏唐揚げ+五目亭餃子」が出てきたのは,最初の「枝豆」から25分近くも経ってからである。
 これらは量的にはそんなに多くはないのだが,2000円で飲み放題でついてくるおつまみだと思えば,よしとしよう。
 そして,先ほどの女の子に冷酒のお代わりを注文したら,「その徳利に入れますので」と言われ,徳利を空にしようとしたが,お猪口に入りきらずにその場で呑んで徳利を渡す。
 そうやって出てきた冷酒は,1回目よりも2回目よりも多く,「この際だ,あのお客にはたっぷり入れておけ」って感じで,一合よりはたくさん入っていた気がする。
純けいの炭火焼き  そしてそのすぐあとに,本日のメインディッシュの「国産純けいの炭火焼き」がやって来る。
 これが実にいい味で,鶏のコリコリとした食感といい,酒のアテにぴったりなのだった。
〆のラーメン  さて,この「2000円ぽっきりコース」も30分あまり過ぎた頃に「〆のミニらーめん」がやって来る。
 ラーメンを中心とする店だけあって,優しい味の醤油ラーメンであった。
 たっぷりと日本酒をいただいているので,このラーメンスープが美味しい「和らぎ水」となり,すべて飲み干す。
越前塩仕立ておでん盛り合わせ  このあと,またもや冷酒を注文したのだっただろうか。何しろ調子よく呑んでいるので,よく覚えていない。落語の「住吉駕籠」ではないが,「銚子を調子よく並べた」のであった。
 で,確かこの「2000円ぽっきりコース」には「おでん」があったはずだと,通りかかったおねえさんに「〆のラーメンはいいけど,その前に『おでん』が来てないけど」と言う。
 そうしてやって来たのがこちら。表の「2000円ぽっきりコース」には「こんにゃくの田楽」とあったが,店内のお品書きにはしっかりと「福井塩仕立てのおでん盛り合わせ」と書いてあり,表のお品書きよりも充実したものがやって来た。
 いやはや,ここの「2000円ぽっきりコース」はおつまみはまあまあお手軽なものであったが,60分間飲み放題でたっぷり呑んで,実にお安いコースであった。

このページの先頭

−−−ビールの仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:「五目亭」のウェブサイト(外部リンク)

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報