満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:変なカフェ

分類:喫茶
所在地:あちこちにあるらしい……。探検場所は以下の報告を参照してください。

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1【ハウステンボス店】
(入場ゲート(入国棟)そば・無料休憩所内)
探検時期:2019年7月  今回の探検目的:喫茶
今回のお品書き:ホットコーヒー
今回の所要経費:290円
探検隊の報告:
 ハウステンボスの朝である。
 なぜここ「無料休憩所」へ来て朝のコーヒーを飲んでいるかというと,オフィシャルホテルを素泊まりの設定にしたからである。
 夕食はもちろんハウステンボスで食べるのでいらない設定だったが,朝食も1500円出すくらいなら,なんとでもなるだろうと,1500円の節約,2人では3000円の節約をしたのだった。
 ホテルの朝食というのは大概がカフェテリア形式で,さして長崎らしいものではないだろうから,1500円の節約である。えらくケチなことを言うなあとお思いだろうが,その分昼間っからどれだけビールを呑んでいるかわからないのであった。そのビール代は1500円どころでは収まらないのであった。昼間の贅沢をするために,朝の節約である。
 で,ハウステンボスの開園はそもそも9時でもあるし,ハウステンボスで適当に朝食が食べられるところがあるかというと,ない。それに入り口近くの飲食店も開いていない。
 じゃあ,どういう手を使ったかというと,この入場ゲート近くにあるコンビニで前日の夜に調達した。
 買ったのはパンを2個。総計290円。なんと安上がりな朝食であろうか。
 ついでながらその時には夜にホテルの部屋で呑むビールと夜食のカップ焼きそばも買ったが,それらの総計は1000円あまり。
 酒代の方がよっぽど高いのだった。
 という前置きのもと,9時から開く「無料休憩所」だが,その数分前には開いていたので,中に入る。すでにエアコンが効き,とても涼しい室内であった。
 で,その一角の「変なカフェ」でコーヒーを調達したのだった。しかも2人で1杯のみ。
 というのも,このカップが結構大きくて,2人では充分な量なのだった。
 そう言えば,コーヒー代とパン代が同一価格である。ということは,このコーヒーもいいお値段ということか。いや,パン代が安すぎるのか。
 ロボット君に人件費はいらないが,まだまだロボット君の制作費が高くつくってことか。
 ということで,券売機で食券(?)を買い,出てきた券のQRコードを所定の位置にかざすと,ロボット君があとは自動で入れてくれる。
 これだけのことなら,単なる自販機でもいいんじゃないの,って思えるやつだが,ロボット君がくねくね動き,ディスプレイにあれこれ表示されて,勝手に何かしゃべる,その動きの「変さ」が「変なカフェ」の真骨頂なのだろう。

−−−カップの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:ハウステンボスのウェブサイト(外部リンク)
お品書き
このとき(2019年7月)のお品書きいろいろ:
(ホット,アイスは同一価格)
コーヒー→290円,カフェラテ,カフェオレ,カフェモカ,ココア→各380円,
抹茶ラテ→410円
(冷たい飲み物)
コーラ,アイスティー,メロンソーダ,カルピス,ウーロン茶,オレンジジュース
→各250円
−−−九州特集の仕切り線−−−
 満腹探検隊2019年夏の九州旅行の日程と「満腹探検隊」の報告の一覧は「ちくわサラダ」のページにあります。

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報