満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:今庄そば(いまじょうそば)

分類:和食(蕎麦) 所在地:福井県福井市中央(JR福井駅構内)
−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2015年11月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:天ぷらそば
今回の所要経費:400円
探検隊の報告:
 初の「今庄そば」訪問である。金沢の立ち食いそばなら「白山そば」,富山の立ち食いそばなら「立山そば」,そして福井は「今庄そば」である。「越前そば」ではなく,「今庄そば」というのが昔からの店名らしい。ちなみに福井県の敦賀駅ではなぜか「気比そば」であった。
 さて,この日は越前市武生の「菊人形」に行く。目的はOSK(日本歌劇団)のレビューである。この年は「紅に燃ゆる−真田幸村物語」ってやつであった。菊人形の入場券の前売りが900円,OSKへの入場券が800円,計1700円だが,充分に投資しただけの価値のある舞台である。その朝,わざわざ福井駅へと立ち寄って朝蕎麦である。駅前に車を停め,駅の建物へと入る。その一角にあるのがこの立ち食いそばの「今庄そば」である。
天ぷらそば  カウンターで注文をして支払いをする。この日は朝食抜きで金沢から車を走らせ少々小腹も空いて,「かけそば」ではなく,贅沢にも「天ぷらそば」とする。当然だが,立ち食いそばはあっという間にできてくる。
 やはり立ち食いそばらしいそばである。贅沢言ってはいけない。つるつるっとのどごしよく,まあ麺は少々軟らかめではあるが,濃い目の出汁とからんで美味しくいただける。立ったままで,お汁もすべて飲み干す。いやはや,やはりこれが駅の立ち食いそばだなあ。
 しかし,午後には武生駅に車を停めたのだが,武生駅にも「今庄そば」があった。福井県ではあとどこの駅に「今庄そば」があるのだろうか。
−−−城の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:

このときのお品書きいろいろ
(そば,うどんは同一価格)
かけ→300円,玉子→350円,きつね→380円,天ぷら,梅昆布→各400円,とろろ→430円,天玉,にしん→450円,えび天→500円 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集