満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:鏑木(かぶらき)

分類:洋食
所在地:金沢市木倉町1−8(片町きらら裏の木倉町の通り中ほど,北側)

−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2008年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:Aランチ  今回の所要経費:1575円
探検隊の報告:
 今日は春めいてきたお天気の中,いよいよ木倉町のここ「鏑木」にやって来る。
 木倉町探検隊も4日目で,「浜の」,「大岩」,「パルティール」と来て,いよいよ「鏑木」である。
 7人で歩いてきたのだった。
 1階のカウンター席もちょうど7席空いていたが,2階へどうぞと言われて,2階席のテーブルに座る。
 ランチのお品書きも4種類ほどあるが,基本のAランチ(魚調理)とBランチ(肉料理)の中からAランチとする。
 Aランチの今日の主菜は「鯛のクリームソース」である。
 ちなみにBランチは「牛ヒレ肉のステーキ」。
サラダ  まずはサラダ仕立ての前菜がやってくる。
 それからスープであるが,一見ラーメン風である。
 聞くとスパゲッティのうちで最も細いもの(vermicelli=バーミセリー,イタリア語読みでヴェルミチェッリ)だそうである。
スープ  スープの味付けも中華風で,焼き豚を細かくしたようなものが入っており,八角の香りがする。
 小さなラーメンという感じであった。
 それから主菜がやってくる。
 「鯛のクリームソース」ということであるが,海老も載っているし,ペンネも入っている。
 なかなか美味い。
鯛のクリームソース  パンとごはんの選択なのだが,ごはんにする。
 ごはんには味噌汁と漬け物が付いてくるのがいいところである。
 しかもすべて箸で食べる。
 ちなみに,ごはんはお代わりができるところもよい。
 ということで,今日は少々贅沢なお昼ごはんである。
 最後にエスプレッソがやってくる。
 しかし,ゆっくり飲んでいる時間がない。お昼休み終了までぎりぎりである。
 もっとゆっくりしたかったなあ。

−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年10月
今回の探検目的:パーティーの2次会のちょい呑み
今回のお品書き:瓶ビール(4)+赤ワインフルボトル+お通し(6)+季節のサラダ+キノコの温かいサラダ+チーズ盛り合わせ
今回の所要経費:総計13090円
探検隊の報告:
 今日のお昼は宴会,いやパーティーだった。某中学校の創立記念式典である。
 美味しいフルコースの料理をいただき,ビールも冷酒もしっかりと呑み,それが終わって,懐かしの連れ3人と共に,総計4人で2次会にやって来た。ここに来る前はしばらく知人の絵の個展を見てきて,いよいよ呑もうかとやって来たのだった。
 そして,あと2人,知人も呼んで,総計6人での2次会である。
 個室のある店がいいという隊員の要望で,そんな店を探す。まだちょっと早い時間帯で,開店前の店が多い。そうやって木倉町の通りを歩いていて,見つけた1軒がここ「鏑木」だった。一応個室もあり,入れるということで,2階のテーブル席に陣取る。2階にはテーブルが3脚あったが,そのうちの1つである。そして,この日は最後まで2階席に来るお客はいなかったので,完全個室貸し切りだった。
お通し  まずは瓶ビール660円也を2本注文したあと,おつまみの選択である。
 ちなみに,こちらはお通し。いや,フランス料理では何というのだろう。まあ洒落た器に,ちょっとしたお酒のアテになるものが2品。これで,しっかりとビールが呑める。
 1次会のパーティーではフルコースで,肉も魚もいただいたので,みんなして,あっさりしたものを食べようという。
季節のサラダ  で,選んだのはサラダが2種類と,チーズであった。
 チーズはあっさりというほどではないが,まあ,ちょっとしたお酒のアテにはぴったりのお品書きである。
 左は「季節のサラダ」660円也。
 季節の野菜がいろいろと載る。
キノコの温かいサラダ  右は「キノコの温かいサラダ」660円也。
 「温かい」というのは,このシメジが茹でられているからか。
 いずれにせよ,ちょっとしたおつまみで,ビールが進む。
 いや,ちょっとした会話の方で,ビールが進むのだった。
チーズの盛り合わせ  こちらは「チーズの盛り合わせ」。
 そして,中で一人ワイン好きがいて,ワインにしようと言う。で,赤ワインの中からおすすめを聞いて,フルボトルをもらったのであった。
 素敵なワイングラスにワインが注がれ,ちょっと軽めの赤ワインも美味しかった。
 ついでながら,最初の1杯を注いでくれた店員が,サラダの上にワインをこぼす。おいおい,しっかりしろよな。
 そんなこんなで語りつつ,ワインを飲み,ボトルが1本空いたら店を去る。
 ここまでのお会計は13090円。税抜きでは11900円。お通しやら,ワインがいくらについたのかは定かではないが,6人で割り勘である。最初から飲んでいた者,あとから来た者,ソフトドリンクしか飲まない者,ということで,適当な払いやすい額に割り振る。そんな会計係である。
 店を出ると,いよいよ外は暗くなっている。
 2次会は解散をし,みんなはてんでに帰っていく。そこでおじさんも帰るかというと,一人ふらりと3次会に向かうのがおじさんなのだった。

−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:鏑木のウェブサイト(外部リンク)

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報