満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:角ふじ食堂(かどふじしょくどう)

分類:中華(ラーメン)
所在地:金沢市若松町16(県道27号線からちょっと入ったところ。イオンもりの里から500m,金沢大学からは1.5kmってところかな)

−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:角ふじ麺
今回の所要経費:850円
探検隊の報告:
 相変わらずの「富士山盛り」のラーメンだったね。
 いつの間にやらここにあったラーメン屋の「剛力」が移転し,いつの間にやらラーメン屋の「角ふじ食堂」に変わっていた。
 金石街道沿いの「山勝 角ふじ」には何度か行ったことがあるが,「角ふじ食堂」と名乗るからには同じ系列かと思い,独り身の日曜日に行ってみたのだった。
 店の造りは,前の「剛力」とまったく同じ。入って左側に券売機があり,まずは食券を買う。
 今日はこの店の基本である「角ふじ麺」とする。
 ここのお品書きの最大の特徴は,麺の大盛りや,野菜の増量は追加料金なしで可能ということ。金沢大学が近くて,学生客が多いせいか,大サービス状態である。まあ,もともと850円といういいお値段なので,「大盛り」にしてもそんなものかという感じだし,「野菜増し」にしても,もやしだから,たいしたコスト増ではないだろう,などという見方はうがち過ぎか。
角ふじ麺  で,その「大盛り」やら「野菜増し」を選択したかというと,していない。おじさんはいよいよ胃袋の容量も小さくなりつつあり,標準でも充分満足できるようになってきたのだった。
 さて,空いているカウンター席に座り,待つことしばし。ご所望の「角ふじ麺」がやって来る。
 毎度おなじみ「富士山盛り」。野菜をよけつつ,麺を引っ張り出しいただく。
角ふじ麺  やはりここの麺がもっちり感たっぷりで美味しい。
 そしてスープもこってり。結構ニンニクが利いている。
 最後にはスープをしっかりといただく。
 「食べ方」にはスープをませ,背脂が広がったところで,真ん中の背脂なしのスープをいただくとよい,なんてなことが書いてあったが,気にせずいただく。
 近所にできたので,行きやすい。次は何をいただいてみようかね。

−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:今回は特にありません。

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報