満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:加賀屋(かがや)

分類:和食
所在地:石川県七尾市和倉町ヨ部80番地(和倉温泉)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2018年5月  今回の探検目的:温泉1泊2日,夕食・朝食
今回のお品書き:夕食(宴会)&朝食
今回の所要経費:はていくらだったのやら
探検隊の報告:
 久しぶりの「加賀屋」である。和倉温泉も久しぶりかもしれない。
 何しろ,金沢の職場の忘年会なども,遠出しなくなって久しいのである。勤務時間が終わってから出かけるのでついつい近郊の温泉となる。いや,温泉一泊するだけマシだと言われるような時代になってきた。
 そんな中で,記念日にあわせ,早く職場を出て,翌日はお休みというゆとりの日程での温泉1泊2日である。
 それに選ばれたのがここ「加賀屋」。「プロが選ぶ日本の旅館ホテル100選」とかいうやつで,よく日本一になるところである。
 このランキングについては,前にも一度泊まった「草津白根観光ホテル櫻井(群馬県 草津温泉)」のページでも書いたが,あまり信用していない。
 いったいどういう基準だか,よくわからないのである。いや,ここ「加賀屋」が1位なのがおかしいというのではなく,先ほどの「草津白根観光ホテル櫻井」が4位なのが合点がいかなかったのであった。まあ,その話は「草津白根観光ホテル櫻井」のページを読んでいただくこととして,ここ「加賀屋」は1位と言われても,充分納得する旅館なのであった。
 着いては抹茶によるもてなし,浴衣の大きさ確認など,当たり前のようなおもてなしである。
 料理もできた物から次々と出てくる。
 そんな今回の料理を紹介しよう。
 しっかりとお品書きがあり,しかもいくつかについては解説まであった。満腹探検隊があれこれ説明するよりも,それを書き写した方がよっぽどいいので,今回はそれを書き写しておく。
 ★はお品書きの内容,【】内は説明書きにあったものの書き写しである。
 左が始まりの状態。
★食前 金澤柚子蜂蜜
 とある。これでまずは乾杯をして,宴会が始まるのであった。
★先附 蛍烏賊 木の芽酢ジュレ
    白エビ
    ホタテ昆布じめ
    鰆焼き霜
【蛍烏賊 木の芽酢ジュレ 旬の蛍烏賊や富山湾の宝石「白エビ」など季節の食材を盛り合わせました。木の芽をたっぷりと使い,土佐酢と合わせて木の芽酢ジュレに仕上げました。】
★前菜 干し口子
    烏賊海女漬け
    蛍烏賊いしる干し
    梅貝旨煮
    河豚の生ハム手鞠寿司
    二色かるかん
    牛味噌吟醸漬け 白山堅豆腐串打ち
    桜海老真丈みじん粉揚げ
【干し口子 干し口子はナマコの卵巣を塩漬けし,ひもに吊して干した物が,能登の高級珍味として知られるようになりました。】
【梅貝 白バイ,越中バイとも呼ばれ,石川県では「梅貝」と呼んでいます。バイ貝の名から「福が倍になる」と,縁起を呼んでいます。】
【河豚の生ハム 燻製にした河豚の身と,金時草の出汁を使用し,ほんのり染めたシャリで手鞠寿司にしました。天盛りには郷土料理の河豚真子の糠漬けを炙って添えました。】
【牛味噌吟醸漬け 能登杜氏発祥の蔵元 宗玄酒造の吟醸酒粕に牛肉を漬け込むことで発酵を加え,さらに焼き上げ柔らかな食感に仕上げました。白山堅豆腐の味噌漬けと共に串打ちにしました。】
★造里 本日のお勧め盛り合わせ
 このお造りの中身についてもしっかりと仲居さんから説明を受けたはずなんだが,覚えていない。
 やはりしっかりと文字として残っている物は素晴らしいね。「記憶より記録」と前に聞いたのだが,お造りの中身をいちいち記録してないし,宴会で盛り上がり,記憶もすぐに薄れる。
 おそらくは,左の鉢はウニ,鮪,鯛,右の鉢はカンパチ,イカ,甘海老ってところ。
 ウニがこうやって出てくるのも久しぶりに食べたねえ。
★吸物 蛤真丈 能登もずく
 途中で宴会の出し物があり,引っ張り出される。まあ,いったい何をやっているのやら。宴会の余興なので,言わば無礼講って感じ。
 そのため,途中若干食べる時間がなくなったが,席に戻っては,直ちに残さずいただく。
 せっかくの美味しいごちそうを残してなるものか!って気分だね。
★煮物 合鴨治部煮
【合鴨治部煮 石川県の代表的な郷土料理です。鴨肉に旨味を閉じ込めるために小麦粉をまぶし,同時にとろみを付け,そのほか加賀麩(すだれ麩)や季節の野菜を入れて,山葵を添えました。】
 おっと「加賀屋」でも出てきた「治部煮」(じぶに)
 ここはやはり本格的だねえ。合鴨である。
 「金沢の郷土料理」と思っていたが,説明書きには「石川県の代表的な郷土料理」とある。解釈としては,「石川県における郷土料理」ということなので,別にこの表現でもいいのか。
★台物 能登いしる鍋
    烏賊つみれ 地魚 甘海老 神馬草
【いしる(魚醤) イワシやイカ,塩を原料として作られた魚醤・発酵調味料です。「能登のいしる」は,日本三大魚醤の一つです。当館では「能登だし」として使用しています。】
【能登いしる鍋 いしる鍋は能登の代表的な郷土料理です。いしるの持つコク深さと能登里海の恵み素材本来の旨みを引き出した風味豊かな鍋に仕上げました。】
★焼物 黒毛和牛朴葉焼き
    能登豚ホワイトアスパラ巻き
    加賀蓮根
    焼き葱くるみ味噌
【焼き葱くるみ味噌 白山くるみを使用したくるみ味噌と焼き葱をブレンドし,自家製の合わせ味噌に仕上げました。能登豚や加賀蓮根と合わせて朴葉焼きにしました。】
★蒸物 加賀丸いも栗まんじゅう
    フカヒレあんかけ

 そして,ごはんの時間。
 もったいないので残さずいただく。
★御飯 石川県産コシヒカリ
★留椀 あさり味噌汁 ながら藻
★デザート うぐいす羊羹 能登ミルクゼリー 能登大納言
【能登ミルク 能登半島の限定5戸の酪農家がこだわって製造した特製の飼料で育てた乳牛から搾った生乳です。こだわりの地乳(じちち)能登ミルクを使いほんのり甘いムースに仕上げました。】
【能登大納言 奥能登地方独特の気候風土に育まれて「能登大納言」は全国に数ある大納言のなかでも,粒の大きさと宝石のような鮮やかな赤い色が特徴の小豆です。収穫は「さやぼり」と呼ばれる手作業が中心で,ひとさやずつ丁寧に収穫されます。大粒の豆を生かし皮が柔らかいのでそのまま焚き上げました。】
 こちら翌朝の朝ご飯。
 毎度おなじみ,温泉1泊2日の豪華朝ご飯である。
 これだけのおかずは我が家の数日分をまかなえるね。
 いやはや,久しぶりの和倉温泉,久しぶりの「加賀屋」で,満足な宴会をし,美味しいごちそうを食べ,しっかりとしたおもてなしを受けた。なかなかいい時を過ごした。
 感謝。
−−−ビールの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:くわしくはウェブサイトへどうぞ:加賀屋のウェブサイト(外部リンク)
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集