満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:マルカイチ水産

分類:和食 所在地:北海道紋別市新港町2丁目
−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2016年1月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:海鮮炉端焼き
今回の所要経費:流氷ツアーに込みだが,ここへ来て頼めば1200円のセット
探検隊の報告:
 冬の北海道へとやって来た。札幌の親戚の結婚式である。
 金曜日に金沢を発ち,月曜日に帰るというのんびりツアーである。土曜日に披露宴も終わってしまい,この日曜日にはせっかく北海道に来たのだからと「流氷ツアー」に行くことにしたのだった。なにしろ「さっぽろ雪まつり」もまだ始まっていない。冬の北海道で何するかっていうと,冬にしか体験できないことにしようと,「流氷ツアー」にしたのだった。しかし,つい最近流氷が接岸したばかりで,しかもこの暖冬で,行っても流氷が見られない可能性が大きい。だからといってほかにすることもなく。往復600キロのバスツアーを選んだのだった。
 ちなみにその行程は以下のようなもの。
JR札幌駅北口鐘の広場(06:50集合/07:00出発)=道央自動車道=砂川SA[休憩](15)=道の駅・滝の上[休憩](15)=紋別『流氷砕氷船ガリンコ号II』乗船(60)=マルカイチ水産での昼食(60)=出塚水産(カニマヨボールプレゼント)(20)=途中休憩(2ヶ所)=JR札幌駅北口
 最も安いコースはお昼ご飯に幕の内弁当がつき,「とっかりセンター・オホーツクタワー自由行動(有料/各自負担)」ってやつで,見学をする。
 あとの選択はこの「マルカイチ水産」へやって来て3つくらいのコースからの選択である。選んだのは「海鮮炉端焼き」である。ほかに「タラバガニ」のコースや「海鮮丼」のコースもあったのだが,やはり北海道なら「海鮮炉端焼き」でしょとこのコースにする。
 しかし,一昨日に「ノアの箱舟」で炉端焼き,昨日は「北の漁場」でホッケ焼きと海鮮丼と結構同じようなものを食べている。まあ自分はビールが飲めたらどんなコースでもいいのだが,お隣の「タラバガニ」がえらく美味しそうに見える。まあおそらくこれはさらに1300円追加して,倍以上の2500円のセットのようである。それくらい追加しないと味わえないようだが。
 ということで,最初の写真は「これから焼きますよ状態」。ホッケ,ホタテ,海老の3点セットである。
 2枚目は「ただいま焼いてますよ状態」。すべての席にこのような炉端焼きができる炉が準備してある。
 3枚目は「ホッケ焼けましたよ」状態である。焼けるまでに時間があるので,おにぎり2個を先に食べてしまう。
 でこちらがその場で各自購入の「流氷ドラフト」という発泡酒。下にちゃっかり「ビール」と記載されているのだが発泡酒である。500円也。
 色がこのように青色で流氷をイメージしているのであった。これガリンコ号の出航する桟橋のところにもあったね。
 ちなみに,1本では足りなくて,2本目にしようとしたが,発泡酒を2本も飲まなくてもいいかともう一つの「アサヒスーパードライ」にする。でもこれも500円。350mLの缶ビールが500円って,お祭りのぼったくり相場くらいに高いよ。
 ついでながら「サッポロクラシック」はないのかな。
 そうそう,肝心の1時間の「流氷ツアー」なのだが,結局流氷は見ることができなかった。かなり沿岸から遠いようなので1時間では無理で,時間短縮の「青海ツアー」になってしまった。そのために一人あたり200円の返金があった。
 まあとりあえず乗った「ガリンコ号」と流氷とは言えないがとりあえず海に浮かぶ氷の写真を載せておこう。やはり「ガリンコ号」で流氷をがりがりとやりながら海の中を進んでみたいなあ。

−−−海老フライの仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:「マルカイチ水産」のウェブサイト(外部リンク) −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集