満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:麺屋こころ

分類:ラーメン(台湾まぜそば)
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。

−−−お箸の仕切り線−−−
金沢市畝田西3丁目580【金沢店】(海側環状線・寺中町東交差点から金石方向に向かってすぐ)
探検時期:2021年3月 今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:台湾まぜそば+追い飯
今回の所要経費:850円+追い飯は無料
探検隊の報告:
 久しぶりの台湾まぜそばだったが美味しくいただけた。
 お昼時のラーメン探検隊である。今日は最近できたというここ「麺屋こころ」にやって来た。
 それにしても店舗前の駐車場が入りにくい。ここに店をつくるというのを想定せずして街路樹を植え,縁石を敷設したところにこの店舗を新しくつくったらしい。今はまだ縁石が全面撤去されていない。その縁石の前の2台分ほどは実に入りにくい。その入りにくいところに車を切り替えしつつ入れた。
 11時30分の開店をほどなく過ぎた時間帯だったが,すでに先客は10名ほど。
 まずは入り口右に券売機がある。上の大きな4つのボタンはすべて唐揚げ付き。唐揚げはいらないので,その下の小さいボタンの列の一番左の基本の「台湾まぜそば」を選択する。
 券売機の前でおねえさんがていねいに「この列は『まぜそば』で汁なし,この列は汁のあるラーメン」と説明してくれる。わかりやすい配列の券売機である。そしてニンニクは入れるかどうか聞かれて,通常の量を入れることとする。
 そこそこに広い店内なので,食券を買ったあとにすぐにテーブル席に座れる。
 おねえさん方のTシャツの背中には「556」。「こころ」であるらしい。「556」よりも漢字ででかでかと「心」の方がいいかもと思ったが,それはありふれすぎているからか。どちらにしても余計なお節介だが。
台湾まぜそば  さて,待つことしばし,ご所望の「台湾まぜそば」がやって来る。いや「麺を茹でるのにはお時間をいただきます。」と先程言われたから,「しばし」よりもちょっと長く待った気がした。
 まずはとにかくすべてをぐるぐるかき混ぜて,いただく。
 ピリ辛でいい味である。入れたニンニクの味わいは分からない。きっと,ニンニクも利いているのであろう。
 麺は太麺で,食べ応えがあり美味しい。
 しかし,この割り箸が偏った割れ方をした。ちなみに一緒に行った「ラーメン探検隊」の常連のケイ女史の割り箸までも半分にきちんと割れなかった。よもや2級品の割り箸ではあるまい。味は1級品の「台湾まぜそば」だと思うのだが。
 それはいいとして,とにかく,このピリ辛がいい味である。辛すぎず,甘すぎず,コクもある。
 難を言えば,麺の量が少ない。もうちょっと食べたい気分である。これは「大盛り」を注文すればよかっただけのことだが。
 麺を食べ尽くすと「追い飯」のリクエストである。
台湾まぜそばの追い飯  テーブル上の説明書きを見ると「ごはんの量は残ったタレの量を見て,店員が適量をよそってくれる」とある。だが,お向かいのケイ女史はまだ食べ終えていないのに,同じ量のごはんがやって来る。まあ説明書きも結構適当である。いや,これはごはんの量が足りないとか,もっとくれとか言うお客がいるからか。最近の日本では「お客様は神様です」をお客自身がそう思っているところがあるから,店としても予防線を張るということか。
 なんてな年寄りの戯言はいいとして,よくかき混ぜたごはんにも味が染みて美味しい。一度で2回味わえるといったところであろう。
 今日はなかなかいい感じのピリ辛を味わった。

このページの先頭

−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き このとき(2021年3月)のお品書きいろいろ:
まぜそば
台湾まぜそば→850円,九条ねぎ盛り台湾まぜそば→970円,
肉入り台湾まぜそば→1060円,DX台湾まぜそば→1250円,
チーズ入り台湾まぜそば→980円,カレー台湾まぜそば→880円,
塩まぜそば→880円
ラーメン
塩味玉,醤油味玉→各890円,塩チャーシュー,醤油チャーシュー→各1000円,
塩,醤油→各770円,台湾ラーメン,塩台湾ラーメン→各840円
麺大盛り→120円
トッピング
九条ねぎ,ニラ,メンマ,味玉,のり3枚→各120円,
玉ねぎ,マヨネーズ→各50円,卵黄→60円,
肉増し3枚,台湾ミンチ→各250円
など

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊のトップページ 検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionのトップページ  サイトマップ  更新情報