満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:むてっぽう

分類:中華(ラーメン)
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市直江町イ18−1【金沢店】(県道299号線沿い,問屋町南交差点の南)
探検時期:2019年7月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:醤油ラーメン
今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 確かに濃い味のラーメンだった。
 夏休みの「ラーメン探検隊」である。今日はちょっと遠出をして,まだ来たことのないここ「むてっぽう」という店にやって来た。
 11時半過ぎだったので,客の入りはまだ2割弱。店に入ると右に券売機がある。いつもの「満腹探検隊」ならば券売機の一番左上を選ぶのだが,そこは「チャーシューメン」。ということはこの店にとってはこれが一番のウリなのか。危うくそのボタンを押しそうになるが,一つ下の基本らしき「醤油ラーメン」のボタンを押す。それにしても,この券売機はかなり無秩序にお品書きが並んでいる。もう少しわかりやすく,整理してくれると,お客にはわかりやすいと思うのだが,なんとかならないものか。
 ということで,空いているカウンター席の一つに座る。目の前のいろいろな説明書きを眺めているうちに,おねえさんが水を入れて持ってきてくれる。よくよく目の前を見ると「お水はセルフサービスでお願いいたします。」と書いてあった。まだお客も少ないので,おねえさんの目が行き届き,「このお客はこの店は初めてで,水がセルフサービスってことはまだわかっていないんだろうな。」ということで,持ってきてくれたらしい。
醤油ラーメン  さて,待つことしばし,ご所望の「醤油ラーメン」がやって来る。おねえさんが「器は熱いのでお気をつけください。」と言って,両手に布巾を持った手で丼を運んで,置いていく。確かに熱い丼だ。
 スープを一口すするが,確かに濃い味。待つ間眺めていたテーブル上には
「当店は濃味なので,薄味希望のお客様は『薄味用のスープ』をお出ししています。遠慮なくお申し付けください。」
 と書いてある。
 しかし,かといって,ただ単に濃いだけの醤油がらいというだけのものではなく,魚粉の味と香りの利いた美味しいスープである。このシャキシャキの白髪ねぎというか,緑色の部分なのでねぎの細切りと言うべきか,がスープに合う。
 このラーメンの説明書きには
「他には絶対ないオリジナルな味。豚の軟骨,上質な骨髄をベースに,他の店の10倍以上使う焼きアゴ,煮干し,カツオ節で,むせ返るほど香ばしい新感覚ラーメン」
 とある。
 麺は細麺だが,適度な茹で具合。
 それにしてもスープはかなりの時間熱いまま。それは丼のせいなのか。それに,この丼の絵柄は珍しいすり鉢の絵柄である。この店の特注品らしい。
 とにかく濃いめだが,スープ自体はいい味なので,濃いながらも味わいのあるスープ。濃いけども飲む気になる。お汁好きなので,最後まで飲もうと思ったが,塩分過多になりそうなので,いい加減にやめた。

このページの先頭

−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2019年7月)のお品書きいろいろ
醤油
醤油ラーメン→700円,醤油ネギラーメン→780円,
醤油ワカメラーメン→780円,醤油メンマラーメン→800円,
醤油チャーシューメン→890円,醤油ネギチャーシューメン→990円,
醤油半ラーメン→580円
みそ
みそラーメン→700円,みそネギラーメン→780円,
みそもやしラーメン→780円,みそバターコーンラーメン→880円,
みそチャーシューメン→890円,みそネギチャーシューメン→990円,
みそ半ラーメン→580円
火吹醤油
火吹醤油ラーメン→780円,火吹醤油ネギラーメン→880円,
火吹醤油ワカメラーメン→880円,火吹醤油メンマラーメン→900円,
火吹醤油チャーシューメン→980円,火吹醤油ネギチャーシューメン→990円
ピリカラみそ
ピリカラみそラーメン→730円,ピリカラみそネギラーメン→830円,
ピリカラみそもやしラーメン→830円,ピリカラみそバターコーンラーメン→930円,
ピリカラみそチャーシューメン→930円,ピリカラみそネギチャーシューメン→990円
そのほか餃子,炒飯,各種トッピング,飲み物などあり

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集