満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:札幌海老麺舎(さっぽろえびめんしゃ)

分類:ラーメン
所在地:あちこちにありますが,金沢にはこの1店だけです。探検場所は金沢市普正寺町3−85−1【金沢銭五店】(県道8号線沿い・大野湊緑地公園そば)

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:濃厚海老つけ麺(大)
今回の所要経費:1070円
探検隊の報告:
 いやはや,うたい文句通りに濃厚だったね。
 先週通りかかったら,いつの間にやらここにあった「ラーメン伝承」の店が変わっていた。では行ってみるかと翌週にやって来た。
 店に入ると右手に券売機。おねえさんがそばに立って待っていて,「ランチもあります。」との案内だが,ご飯までもいらないので単品である。
 「満腹探検隊」お決まりの券売機の一番左上といきたいところだが,それは「濃厚海老つけ麺(並)」。その隣が「濃厚海老つけ麺(大)」でどちらも同じ値段。なので,はじめから「大盛り」の方を選択する。
 だけど「並」を注文したお客さんが食券を出すと,先ほどのおねえさんが「無料で大盛りにできますが,いかがしますか。」とご丁寧に,優しくも聞いてくれているので,それならばとあとで「大盛り」に変更するお客が半分はいる模様。
濃厚海老つけ麺(大)  待つことしばし,「濃厚海老つけ麺(大)」がやって来るが,特徴はなんと言ってもこのスープの入っている器。まるで地獄の釜のようにぐつぐつと煮えくり返ってあぶくを出し,湯気を上げながらやって来る。閻魔様にこの中に放り込まれたら,ひとたまりもないような感じである。
 そしてもう一つの特徴はこの麺の太さ。かなりの太麺のようである。
 そうそう,おねえさんが「ここにエプロンがありますからどうぞ。」と目の前のカウンター席の上を指さすと,黒い紙エプロンが用意してある。
 さて,まずは何をしたかというと,上に載っている冷えているであろうチャーシューとメンマを先にスープに投入したのだった。これでこのチャーシューなどの上の部分のスープは少し冷めるかと思い麺を投入して食べるが,何のことはない,これくらいで冷えるはずのない,地獄の釜であった。
 さて,味の方はと言うと,確かに濃厚。そして海老の味がじわっとやって来る。地獄の釜でお仕置きに遭っていたのはたくさんの海老君か!そんな感じの味わい。
 この麺が太麺で,じつに歯ごたえもよく,食べ応えのある麺で美味しい。
 途中でチャーシューを取り出して食べたが,かなり熱くなっていて,「ハフハフ」しながらいただく。メンマもしかり。閻魔様に放り込まれたメンマ様である。
 大盛りなので麺も結構な量があり,スープはほとんどなくなった。麺を投入したスープを少しこの地獄の釜の中でぐるぐると混ぜてみると,地獄の釜が熱いやら,冷めかかっていたスープがまだまだ温かくなる。最後までスープが温かいままいただける地獄の釜なのであった。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:海老ラーメン+煮玉子2分の1個
今回の所要経費:940円+煮玉子2分の1個はクーポン券によるサービス
探検隊の報告:
 これもまた海老の香りと味たっぷりのスープだったね。
 今週2回目の訪問,今日は普通のラーメン。お品書きの中では一番上にある「海老ラーメン」である。
 そして,タウン誌のクーポン券を使って味玉を追加する。元々2分の1個はついているので,クーポン券で2分の1個が2倍で1個分となるということであった。
 つけ麺に比べて麺は細め。と言ってもつけ麺が太麺なので,これは中太麺という感じか。
海老ラーメン 煮玉子2分の1個追加  そのため食べ応えはある。
 スープは1回目の「濃厚海老つけ麺」と同じような感じで,そのままつけ汁がスープとなっているような感じであった。
 一緒に行ったケイ女史が初めてなので「濃厚海老つけ麺(大)」を注文し,最後にもうお腹いっぱいだからあげると言って,もらったところによると,スープの味はさして変わらない。同じ濃厚なスープがラーメンのおつゆとなるか,ラーメンのつけ汁となるかの違いのような感じであった。
 ただ麺はつけ麺の太麺が実に美味しいのであった。比べるならつけ麺の太麺の方がいい感じ。
 さて「つけ麺」をウリとしながらもほかのラーメンもあるこの店,次来たとしたら何を注文してみようか。

このページの先頭

−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2020年3月)のお品書きいろいろ
濃厚海老つけ麺(並),(大)→いずれも1070円
濃厚海老つけ麺なしなし(トッピングなし)(並),(大)→いずれも920円
海老ラーメン→940円,海老味噌ラーメン→850円
鶏背脂醤油ラーメン→820円
特製油そば (並)→790円,(大)→880円
辛油そば  (並)→900円,(大)→990円
このほか飲み物,トッピング,ご飯ものなどあり

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年6月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:海老味噌ラーメン
今回の所要経費:850円
探検隊の報告:
 これまた濃厚な味だったね。
 今日はまだ食べたことのない「海老味噌ラーメン」。食券をおねえさんに渡すと「太麺と細麺が選べますが」と言われ,やはりここでは前にも食べた太麺がよかろうと選択は太麺である。
海老味噌ラーメン  待つことしばし,やってきたラーメンは海老の香り。スープは上面で2層に分かれている。手前には薄めの色のスープで,向こう側には濃いめの色。まずはそれぞれを一口ずつすすってみるが,手前は基本のスープらしい。向こう側がちょっと強烈な海老の香りの海老味噌のスープって感じ。
 まずはそのまま麺をいただくが,やはりここはこの太麺がいい感じである。ちょっと固めだが,食べ応えのある美味しい麺である。
 二口ほど麺を食べたあとは,スープはかき混ぜ,均一にしていただく。
 味は濃厚,かなりこってりした濃い味である。味噌と言えば味噌だが,海老と言えば海老って感じのラーメンであった。
 スープもかなり飲んだので,あとでのどが渇くこと必至である。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:特製油そば
今回の所要経費:790円
探検隊の報告:
 暑い夏の1日,あまりに熱いスープはやめにして,今日は「特製油そば」とする。
 これがなかなかにいい味だったね。
 久しぶりの「札幌海老麺舎」である。夏休みのないこの8月,ふらりと外食に出る。ずっと職場にいると息が詰まるので,たまに脱出である。
 さてやって来てみると,お品書きが少々変化している。
 まずは「鶏背脂醤油ラーメン」がなくなっていた。お品書きの上からの順番で行くと,上3つは食べたので,今日は4つ目の熱いスープのこのラーメン「鶏背脂醤油」にしてみようかと思っていたが,食べることなく,なくなっている。
 それから夏季限定の「冷やしラーメン」750円也が登場している。
 さらにはこの店限定メニューらしき「カレー坦々つけ麺」というのがが登場している。
 そして「海老味噌ラーメン」が値下げとある。60円の値下げで790円となっているようだ。
 そうそう,お昼時にはライス小が無料というサービスが始まっている。ちなみに自分はお断りした。
特製油そば  ということで,待つことしばし,ご所望の「特製油そば」がやって来る。
 生玉子を溶かし,よくかき混ぜる。
 刻まれた海苔がどんぶりにへばりつき,それをはがして混ぜる。
 メンマにもチャーシューにも味が絡むように,よくかき混ぜる。
 で,一口いただくが,この麺の感じがよい。太麺が適度な味わいのタレに絡み,美味しいのであった。
 ちなみに,自分の感覚としては,チャーシューは別にいらない。メンマも別にいらない。この麺がたっぷり食べたい。
 ラーメンにメンマやらチャーシューなんて誰が考え出したのやら。中にはチャーシュー麺などというチャーシュー増しを注文する御仁もあるが,自分には考えられない。そういえば担々麺やら五目ラーメンなんていうお品書きにはチャーシューは基本載らない。何もないラーメンに花を添えるのがメンマでありチャーシューなのか。
 などとどうでもいいことを考えつつ,〆には麺のみを食べたいので,先にメンマとチャーシューをすべて探し出して食べてしまったのだった。
 最後にはタレに絡まったこの美味い麺のみをいただく。それで満足なのだった。

このページの先頭

−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2020年8月)のお品書きいろいろ
濃厚海老つけ麺(並),(大)→いずれも1070円
濃厚海老つけ麺なしなし(トッピングなし)(並),(大)→いずれも920円
海老ラーメン→940円,海老味噌ラーメン→790円
特製油そば (並)→790円,(大)→880円
辛油そば  (並)→900円,(大)→990円
カレー坦々つけ麺(並)→890円,(大)→980円,(特)→1090円
(夏季限定)冷やしラーメン→750円
このほか飲み物,トッピング,ご飯ものなどあり

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:カレー担々つけ麺(並)+ライス(小)
今回の所要経費:890円+0円(お昼のサービス)
探検隊の報告:
 カレーラーメンとカレーライスを同時に食べた気分だった。
 1日空けてまたもやここ「札幌海老麺舎」へとやって来た。一昨日来たときにこの店の独自メニューの「カレー担々つけ麺」があると知ったので,これはまた限定ものは食してみねばなるまいとやって来た。
 麺の量は「並盛り」「大盛り」「特盛り」とあったが,ライスがサービスということなので,麺は「並」とする。
 食券を購入し,おねえさんに渡すと
「『大』『中』『小』とありますがどれにしますか?」
 といきなり聞かれる。確かメニューには辛さとして「OH!辛」「やや辛」「ピリ辛」とあったので,もしかしてそのことかと勝手に解釈して,「中で」と答えてしまう。
 まさしく日本人にありがちな答である。
 まずは「『大』『中』『小』とは何のことか?」と聞けばいいものを,「中」と答えておけばなんとかなるだろうという,つまりは可もなく不可もないような,中庸であることを答えてしまったのだった。
 これまたラーメンが来てから想像するに,この上に載っているカレー味の肉味噌の大きさではあるまいか。つまりは大きければ大きいほど辛くなるということであろう。
 これもまた想像の域を出ないので,やはり聞くべきだった。
カレー担々つけ麺(並)+ライス(小)  ということで,ラーメンが来てからは,「カレー担々つけ麺のおいしい食べ方」という案内通りに食べてみた。
1 まずはそのまま担々スープで
 つまりはこのスープは「担々麺」のようなスープなのか,それで「カレー担々つけ麺」というのかと,納得する。
 ちなみにこのスープが「濃厚海老つけ麺」と同じで,地獄の釜ゆでの釜であった。
2 肉味噌を少しずつスープへ
 はいはい,「少しずつ」やりますよ。
3 徐々にカレーと辛味で味変!!
 なるほどね。やはりこの肉味噌にカレー味がついているってことか。
4 完食したらごはんを投入!!
 完食しましたよ。ごはん投入のためにサービスのライスもらったんだし,しっかりと投入しました。
5 めちゃ旨カレーライスに!!
 確かに美味いが,かき混ぜてしまったので,なんだか子供の頃のカレーライスの食べ方みたいになってしまった。
 それでもライス小だったが,結構お腹いっぱいになった。
 ということで,スープはすべてなくなり,地獄の釜も空っぽになった。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報