満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:新時代(しんじだい)

分類:和食
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:愛知県名古屋市中区錦3丁目14?11【錦三丁目大津通り店】
(大津通沿い・地下鉄久屋大通り駅と栄駅の真ん中くらい)
探検時期:2019年4月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:伝串4本+そのほかおつまみあれこれ+お通し+生中8杯
今回の所要経費:54円×4+(以下の報告参照)+324円×2+205円×8
→4838円
探検隊の報告:
 いやはや「千ベロ」もできる,なかなかいい居酒屋だったね。
 名古屋で行った1軒である。夕方に小さな子供達を送り届けて,後は熟年夫婦の居酒屋巡りである。栄地下街から地上に上がり,ふらり歩くと目につく「生ビール190円」の大きな看板。
 我々にとって「よい居酒屋」の条件の1つは酒が安いこと。ビールなら1mL1円以下が基本。いくら素敵な内装やら,凝った料理やらがあっても,居酒屋ならば,まずは気持ちよく,財布を気にせず,お酒を呑ませてくれなければね。
 ということで,地上に出たかと思ったら,たくさんの店を探すまでもなく,目についたここ「新時代」の「錦3丁目大津通店」に入ったのだった。
 まずは飲み物の注文ということで,生中を2つ注文。それからゆっくりお品書きを眺める。
 生中はあっという間にやって来て,このちょっとしたお通しが324円也。
 さて,この店のウリは「伝串」というやつ。鶏皮を串に刺し,揚げたものに甘辛いタレをまぶしたもの。こいつが1本50円(税込み54円)という,またもや嬉しい居酒屋価格。
 注文を聞きに来た,先程来接客に忙しい「かほちゃん」にもう一種類ある「伝串 赤」とは何者かと尋ねると,「伝串」のピリ辛版とのこと。そこで,「伝串」2本,「伝串 赤」2本を頼む。
 そして,しばらく後に,とっとと出てくるおつまみはないかとお品書きを見ると1枚もので「すぐ出るおつまみ」というのがある。その中の「鶏とろ串盛り合わせ」がいいんじゃないのと連れ合いが言って,注文したら,先に注文した「伝串」よりもほんとに先にすぐに出てきた。
「載っている薬味は何?」
 と,こいつを持ってきたおにいさんに聞いたら説明してくれたが,
「いや,それよりも,お品書きの順番に並べ直しましょう。」
 と,「すぐ出るおつまみ」の写真の解説通りに並べ直してくれる。
 ということで,左より「生姜」「柚子胡椒」「山わさび」「梅肉」「わさび」。
「こんな薬味の使い方もいいよねえ。」
 と言いつつ,鳥刺しをいただくのだった。
 待つことしばし,まずは「伝串 赤」がやって来る。1本162円と,通常の「伝串」の3倍のお値段。たっぷり載るにんにくスライスの味と相まって,なかなか美味しい。
 そして,この店のウリの「伝串」である。こいつがなかなかにいける。1本54円で,十分な満足お品書きである。
 こちら砂肝。1本162円也。これも美味い。
 すでにビールは2杯目に突入。このジョッキには「登録商標 伝串」との文字入り。
 1杯190円だと思うと,「よし,もう1杯いくか!」と,すぐになってしまう酒飲みなのであった。
 それにしても,この店でこの時間帯に働いているのは8人ほどなのだが,その内2人だけが日本人である。日本人は,先程来よくおしゃべりをする「かほちゃん」と,「鶏とろ串盛り合わせ」を持ってきてくれたおにいさんだけで,後はみなアジア系の外国人ばかりである。「人手不足」やら「外国人材の受け入れ」やらかまびすしいが,ほんとにそんなこと言わなくてはならない状況なのだろう。調理はすべて,外国人がやっているのだった。
 そうそう,この「かほちゃん」が,すらりと背の高いべっぴんさんで,しかも,ほどよくおしゃべりしながら料理を運んでいる。お品書きの中に「サワーのレモン10個ためたら,料理1品サービス」というのがあって,「どうです挑戦しませんか?」などと,愛想を振りまく。いつも笑顔で,元気いっぱい。この店は結構彼女でもっている,そんな雰囲気である。この店で働くたった2人の日本人の一人である。
 長いことこの店で働いているのかと思ったら,なんと3日目らしい。4月3日にこの店に行って3日目だから,今年度4月1日からのお仕事だが,まったくそんな風には見えない。しかも18才。たくさんの酔っ払いのおじさんがいる店で,その酔客を適当にあしらう,できた娘「かほちゃん」だった。
 こちら「味噌串カツ」1本194円也。名古屋へ来たら,ついついご当地名物を注文するのだった。
 いよいよこちらはジョッキ3杯目。2人だから6杯目である。こいつにも書かれている「登録商標 伝串」を撮影。
 そして,最後に注文したのが「豆腐もつ煮」,598円也。
 ただ,こいつは注文してから出てくるのが遅い。つまりは,どうも忘れていたようである。どこに忘れていたかって言うと,電子レンジの中のようである。
 遅いので,確認をして,まだ取りかかっていないのならば,やめようかと連れ合いが言ったのだが,「煮込み」は好きなので,待っていたのだった。
 したがって,そうやって待った分,いや,忘れられていた分温い。味は悪くはないが,「へどぬる」ってやつ。
 電子レンジでの温め直しを頼むべきだったか。
 まあいいでしょう。なんだかんだ言いながらも,さらに2人で「生ビール」を2杯も追加したのだから。
 この店はとにかく「伝串」で呑むのが一番。お隣のサラリーマンのおじさん2人なんて2人で10本の山盛りがやって来ていた。10本でも540円である。まとめて注文すると冷めるので,ちょっぴりずつ注文するのがいいだろう。そして「190円生ビール」を呑む。これで十分に満足できる店なのだった。
 もう少しお腹にゆとりがあったなら,もう一軒行くところだったが,もはや満腹状態である。
 こいつはなかなかいい店だったね。
−−−ビールの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
揚げ串
伝串→54円,
伝串 赤,バリバリ豆腐,もも,砂肝,つくね,うずら玉子,にんにく→各162円
おつまみ
枝豆,わさび菜,たこわさび,中華山くらげ,オニオンスライス→各302円
塩ダレキャベツ,きゅうりの1本漬け,白菜の漬け物,トマトスライス,竹の子の土佐煮,うずら玉子の醤油煮,揚げ出し豆腐,鶏皮ポン酢,あさりの酒蒸し,揚げ餃子,ちくわ天,皮付きポテトフライ,手羽先,シーザーサラダ→各410円
くずれ明太子,鶏旨タレユッケ,炙りしめ鯖,イカチリマヨ→各486円
面倒くさいポテトサラダ→518円
やわらか串カツ
串カツ,味噌カツ,カレーカツ→各194円
鉄板
豚バラもやし炒め,とんぺい焼き,焼きそば,チャーハン→各626円
そのほか〆などいろいろあり −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集