満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:中華そば 集(しゅう)

分類:中華(ラーメン)
所在地:金沢市窪7−281 ヴィアーレ伏見台1階(南大通り沿い・久保7丁目交差点近く)

−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:濃厚中華そば
今回の所要経費:780円
探検隊の報告:
 濃厚な魚粉の香りと味のラーメンだった。
 土曜勤務の帰りである。半ドンである。いや,今時「半ドン」なんて言葉,若者には通じるのだろうか。週6日勤務,土曜半ドンが標準の時代に社会人になった者にとっては,「半ドン」は嬉しい言葉だった。「半ドン」の日のお昼ごはんには,同僚と共にビールを飲むなんて,今では考えられないことをしていた,懐かしい時代でもある。
 そんな「半ドン」の日,家には誰もいないので,たまに遠回りして,行ったことのないラーメン屋にでも行ってみるかとやって来たのが,ここ「中華そば 集」であった。
 ここは昔からいろいろなラーメン屋があったような気がする。遠くは確か「のぼる」がここにあった。そのあとも何だかいろいろと変わったようだが,いまはこの「中華そば 集」である。
 さて,店にたどり着いたはいいが,前の駐車場が満杯である。これはどうしたものか,ほかに駐車場はないのかと見ると,案内があった。ビルの横手には3台分,ちょっと離れてはいるが,5台以上は止められそうな駐車場もあった。かろうじてビルの横手の3台分の一つに滑り込む。
 店に入ると,結構な入りである。土曜日とはいってもお休みの人ばかりのようで,テーブル席にはおばちゃんたちだけの団体さんだったり,家族連れだったり,ご夫婦だったりと,「お休みのお昼はラーメンにしましょ」といった雰囲気の方々ばかりだった。
 入って左には券売機があり,満腹探検隊の常として,券売機の左上にするのだが,それは「特製」と名のつく,「トッピングたっぷり」ラーメンだったので,やめにして,隣の隣の,何も頭につかない「濃厚中華そば」としたのだった。いや,それでも「濃厚」がついていると言うべきか。
画像ファイル  待つことしばし,ラーメンがやって来る。
 それはまさしく濃厚な魚粉の香りと味のラーメンだった。しかも結構な濃い味。「中華そば」といえば,子供の頃の「澄んだ鶏ガラスープの醤油味」だったのだが,そんな「中華そば」というのとはほど遠い,まさしく「濃厚」なラーメンであった。
 それと,チャーシューも結構な濃い味。スープが魚粉の味を主張するのに対抗して,あまりあるくらいの魚粉に負けない濃い味だった。ここは一つ,これだけの濃厚スープならば,チャーシューはあっさり目で,スープを引き立てた方がいいのではないかと思えるくらいの濃い味であった。
 ということで,ラーメンスープ自体は濃厚だが,麺に絡まり美味しくいただけた。
 こいつは塩分摂り過ぎか,と思いつつも,ついついスープをたっぷりいただいてしまう。そんなラーメンだった。
 次は濃厚じゃない方を味わってみるか。

−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2019年10月)のお品書き:

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報