満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:鳥いち→鳥一(とりいち)

分類:和食
所在地:長崎県長崎市元船町7−9(電車通りの大波止バス停近く)

−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年7月  今回の探検目的:宴会の3次会
今回のお品書き:鯨メンチカツ+生ビール×2+お通し×2
今回の所要経費:390円+480円×2+270円×2→1890円
探検隊の報告:
 鯨メンチカツ食べてみた。
 長崎1泊目の夜である。午前中にはハウステンボスに滞在し,午後から長崎に戻ってきた。そして,2軒ほど呑んだあと,稲佐山に登り,夜景を見てきた。その帰りである。
 ホテルまで帰ろうとして乗ったバスの行き先が,ちょっと違っていて,少し遠いところで降りたので,ホテル目指して電車通りを歩く。
 この際だから,ホテルに着くまでに,軽く1杯やろうという魂胆である。
 そうやって途中で見つけたのがここ,赤提灯の目立つ「鳥いち」であった。
 今宵の3次会である。
 さて,何を注文するかだが,何だかお得なセットものもあった。
 まあ3次会と言うが,いったん夜景見物に行っているので,もう一度飲み直しという感もあるが,1次会と2次会で,結構呑んできているので,結局はそのお得なセットものはやめにして,軽くいただくこととする。
 飲み物は生ビールの中ジョッキ。480円也。ちょいお安めの居酒屋価格。
 これにお通し,270円也。しっかりと煮物であり,量もあるので,こんなものか。
 というよりも,今夜の1次会の「笠陽」のお通しが少ない量で500円だった。なので,「あれはないよな。」と言いつつ呑むから,この店のお通しが,よく見えるのだった。
 さて,この3次会での注文のメインというか,これしか注文しなかったのだが,それが「鯨メンチカツ」390円也。
 壁に貼ってあったお品書きで,連れ合いが見つけ,「やっぱり長崎に来たからには『鯨』でしょ。」とか言って注文したのだった。
 お味の方は,「う〜ん,鯨なのかな」って感じだが,とにかく鯨なんて久しぶりに食べるので,味わっていただく。ほかほかの揚げたてが美味しいし,この赤っぽい感じが鯨なのか,と思う。
 ちなみにこの店「鯨」だけじゃなく,「ダチョウ」,「カエル」,「鹿」などと,ジビエというか,変わりものの多い店なのだった。
 3次会でもあり,おつまみはこの「鯨メンチカツ」だけなので,各自生ビール1杯ずつで終わる。
 長崎1泊目の夜は,夜景も見たし,充分満足して終わるのだった。
 ちなみに,最近の我々の旅は,ホテルでの風呂上がりのビールのアテにカップ焼きそばをいただくことが多い。今夜は「明星 ぶぶか油そば」である。たっぷり食べて,しっかり呑んできたのであるが,風呂上がりにはやはりビールである。そのアテにはカップ焼きそばが結構合うのだった。
 長崎の夜とは関係ない話だが。

−−−ビールの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2019年7月)のお品書きいろいろ:
焼き物
アゴ焼き(2匹),ホッケ焼き→各600円,
サザエつぼ焼き,サバの塩焼き,ブリかま,カエル(片足)→各550円 など
刺身
水イカ,たこ,アジ,サーモン→各600円,ダチョウたたき→700円,
ダチョウレバー→1000円,鹿刺し→1000円,馬レバー刺し→1200円,
馬刺し→880円,鹿タタキ→650円 など
そのほか串焼き揚げものなどいろいろあり
−−−九州特集の仕切り線−−−
 満腹探検隊2019年夏の九州旅行の日程と「満腹探検隊」の報告の一覧は「ちくわサラダ」のページにあります。

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報