満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:鳥専(とりせん)

分類:和食(手羽先)
所在地:愛知県豊明市新田町吉池25−13(県道57号線のちょい裏に入ったところ,豊明市役所近く)
−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2018年3月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:大人4人,子供4人でいろいろ食べて呑む
今回の所要経費:総計10140円
探検隊の報告:
手羽先  これぞディープな愛知って感じの店だった。
 愛知県に住まいする子供が,ここは有名だから行ってみようと誘われて,初めて行った。夕方まだ明るいのだが,店は混み混み。何とか空いているテーブル席に小さな子供も入れて8人で座る。
 注文はまずは手羽先から揚げ。味は揚げ物はすべて4種類あるが,小さな子供たちは「甘口」,大人は「普通」である。しかし,「普通」と言っても「激辛」と「中辛」の間。つまりは「普通」が結構な辛めである。
 そして,やって来たのがこちら。いやはや,この雰囲気,いいねえ。ビールが進む。
ささみ  失礼ながら,店は薄汚れているのだが,いや,正しく言えば,年季が入っているのだが,繁盛していて,次から次へとお客がやって来る。2階にも席があるらしいが,2階はすでに満杯。かろうじて空いていた1つのテーブルにぎゅうぎゅう詰めで座ったのだった。つまりは美味しいってことであり,この年季の入った店の雰囲気は久しく人気があるということを物語る。
 基本的に揚げ物が中心で,鶏の串もすべて揚げてある。それ以外は一品もの。唯一鶏に関わっては「ささみ霜降り」という,いわば「鳥刺し」がある。こいつも注文したが,これもまた美味しい。
串  串の揚げ物はかりっと揚がっているが,焼き鳥って感じがしない。
 これよりはやはり「手羽先」だね。
 鶏皮も砂肝も鶏モモも,こいつはきっと焼き鳥の方がいいだろう。
 こうやって揚げるのもまた一興だが,揚げるなら,やはり「手羽先」。
もも揚げ  右はモモ唐揚げ。
 さて,こうやって見ていると,はて,1日にいったいどれだけの手羽先が使われているのだろうか。今回の我が家だけでも20本以上はいただいた。お持ち帰りのお客多い。1日1000本はくだらないのだろうか。
 それにしても,なかなかディープな愛知を味わった。
 ここでは串よりも,やはり「手羽先」そして「ささみ霜降り」がおすすめである。
−−−ビールの仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き このときのお品書きいろいろ:
揚げ物
味付け 激辛 普通 中辛 甘口
手羽先から揚げ(量り売り 一人前 3〜4本)→313円
骨なしから揚げ→432円,モモから揚げ(1本)→594円
とり皮串,砂肝串,とりモモ串(一人前3本)→各259円
口取り
ささみ霜降り→313円,漬け物,冷や奴,くらげ,うにくらげ,もずく,トマト,もろきゅう,ピリ辛大根和え→各216円
ごはん物
ごはん→162円(大盛り194円,小盛り129円),おにぎり→270円,赤だし→162円
飲み物
生ビール(大)→669円,生ビール(中)→388円,瓶ビール→561円,焼酎→388円,日本酒一合→388円,二合→756円,サワー類→378円など
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集