満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:ざしき笑し(ざしきわらし)

分類:和食(串揚げ・串焼き) 所在地:金沢市中橋町(金石街道上り線沿い・JR中橋高架橋近く)
−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2015年11月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:3人でいろいろ食べて呑む
今回の所要経費:7860円
探検隊の報告:
 通勤路に今年新しくできた店で,一度行ってみたかった店にようやく来ることができた。
 今夜は毎年おなじみ「桂文我独演会」である。連れ合いともう一人知人とで2時間半あまりたっぷり笑ってくる。
 その帰りにやって来たのがここ「ざしき笑し」である。
 この店は自分の通勤路である金石街道沿いにあり,開店したあといつも見かけていた。このときは継続しているのかどうだかわからないが,お昼時間帯の営業もあって,ラーメンも供していた。お昼に来ることはできなかったが,一度来てみたいと思っていた店であった。この日連れ合いの知人は車であり,特にお酒を飲まなくてもいいという人だったので,しっかりと車に乗せてきてもらう。そして店の前の空いたスペースに車を停めて,中に入る。
 土曜日の夜ということもあってか,かなり混んでいる。客層はちょっと若め。若者が多い。しかし,3人で残り一つのテーブル席に座ることができた。
ビール  「とりあえずビール」である。つきだしは枝豆。
 ここの生ビールは1杯313円也(税抜き表示は290円也)なので,お手頃価格って感じである。まあ,内容量も300mLくらいだから,標準価格か。ちなみに瓶ビールの中瓶は550円(税抜き)だから,居酒屋標準価格。
 ついでにこの「生ビール」に「発泡酒ではありません」とお品書きに書いてあるところがおかしい。「ビール」と「発泡酒」は似て非なるものだから,「ビール」と書いてあれば,いちいち断るまでもなく「ビール」だとは思うのだが,こうやってジョッキで出す店は「ビール」と称して「発泡酒」を提供することもあるってことか。「そんないい加減なことはしていませんよ。」との店の明確な意思表示か。
牛すじ煮  さてとりあえずの一品ものとして注文した「牛すじ煮」。これが518円也。思わず「えっ,これだけ?ちょっと高いんじゃないの。」と思ってしまう。付き出しの枝豆と同じ器だが,量的に牛すじ4,5切れってところか。今週立ち寄った立ち飲みの「ちょい吉」は400円でこの2,3倍ほどもあったから,なおさら高いと思うのかも。味の方はしっかりと煮込まれていて,美味しいが,かなり甘め。
おまかせ串揚げ盛り10本  こちら「おまかせ串揚げ盛り10本」1274円也。
 いちいち考えずに,これまた「とりあえず串揚げ」ってことで注文した。
 中身は左より「五郎島金時,ササミ,山いも,ピーマン,???,うずら,ウィンナー,ちーちく,しいたけ,キス」ということで「???」はあと一品何だったか。せこく価格計算してみると,10本まとめてで少々お得な価格設定になっているのではなく,単に合計してこの値段になるような組み合わせのようである。
 なんだ,こんなことなら好きなものを適当に注文すればよかったかと思ったが,そうするときっとピーマンだの,五郎島金時だのは注文せず,肉類ばかり注文していただろうから,案外店のおまかせ揚げもいろいろと食べてみるってことで面白かったのかも知れない。
シーザーサラダ  こちら知人の注文した「シーザーサラダ」
 ところで今夜の「桂文我独演会」前座は笑福亭生寿であった。演目は「狸の鯉」と「幽霊の辻」。
 やはり通る声というのはいいものである。聞きやすい。
 この2席とも聴いたことがなかったが,やはり面白い。
 ちなみに文我師匠の演目は「ふぐ鍋」「算段の平兵衛」「紀州」であった。いずれもよかったね。
シロ  こちら大好き「シロのタレ焼き」。この店は「金沢串揚げ」と標榜しているが,串焼きも結構ある。ただし,野菜の類いはやはり揚げ物となる。
 このタレが甘かった。というか,ここのタレはすべて甘い。テーブル上には3種類のタレが用意されていて「みそ」「しょうゆ」「ソース」があったが,いずれも甘いのだった。
ほっけ  こちらこれまた好きな「ほっけ焼き」。本日注文したお品書きの中では最も高い1058円也。
 「少々お時間をいただきます」とお品書きには書いてある。早めに注文したが,やっと出てきた。
ほっけ  ところがこの「ほっけ焼き」冷凍物であったのだろうが,最初出てきて食べると焼きが浅い。中の方まで火が通っておらず,冷たくて生の所もある。そこで焼き直しをしてもらう。
 こちら右が焼き直し版「ほっけ焼き」。適度な焼け具合となり,中まで火が通っている。
 「かなりお時間をいただきます」とお品書きには書かなくてはならないね。
牛すじ揚げ  左「牛すじ揚げ」。牛すじは最初に煮込みを注文するくらい好きなものなのだが,揚げるとどうなるの?ということで注文してみた。揚げても美味しいが,やはり煮込みの方が好きだね。
天狗舞  そして生ビールを3杯飲み,いよいよお腹もふくれてきて冷酒である。「天狗舞」を注文した。するとまるで居酒屋風に出てくる。っていうか,ここは居酒屋なのだが……ちなみに「天狗舞」だが,「福正宗」の升である。まあ細かいことは気にしない。
 ということで,美味しい夜が更けていく。知人の方は食事として「梅茶漬け」それにノンアルコール飲料を飲んでいたりしたが,3人で総計8000円弱。これなら充分な満足価格である。落語に満足し,居酒屋に満足した夜であった。
−−−焼き鳥の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:「ざしき笑し」のウェブサイト(外部リンク)
−−−焼き鳥の仕切り線−−−
このときのお品書きいろいろ(すべて税別価格):
串揚げ
おまかせ串揚げ盛り(5本)→600円
おまかせ串揚げ盛り(10本)→1180円
いなり揚げ,だし巻き玉子→各60円,ネギ,ナス,五郎島金時→各80円
ウインナー,しゅうまい,山いも,しいたけ,石川県産かぼちゃ,ピーマン→各100円
豚ロース,豚ヒレ,石川県産ハタハタ,加賀レンコン,カマンベールチーズ,うずら→各120円,チーちく→130円
ササミ,牛すじ,つくね,イカ,エビ,石川県産キス,マグロ,チーズベーコン巻き→各150円,アスパラベーコン→180円
串焼き
焼ネギ80円
焼ピーマン,焼しいたけ,豚バラ(塩・タレ),鶏もも(塩・タレ),しろ(塩・タレ)→各100円
豚バラ(ゆず胡椒),鶏もも(ゆず胡椒),しろ(ゆず胡椒)→各120円
トマトベーコン巻き→140円
焼き・揚げ
ししゃも焼き(4匹)→380円,さんまの塩焼き→420円
手羽先揚げ(3本),鶏もも唐揚げ(5個),さつま揚げ,ポテトフライ→各480円
ポテトフライ(チーズがけ)→550円,鶏団子の唐揚げ(5個)→580円
鶏もも胡椒焼き→680円,特大ホッケ→980円
ちょっと贅沢
金箔の豚バラ特大串焼き→500円
のど黒一夜干し→1,480円
一品もの
あぶり明太子,金時草のおひたし,もろきゅう,冷やっこ,タコワサ,塩ダレキャベツ→各280円
えんがわピリ辛和え→300円,漬け物盛り合わせ→380円
エイヒレ,自家製炙りチャーシュー,じっくり煮込んだ牛すじ→各480円
サラダ
オニオンスライス,冷やしトマト→各380円,五郎島金時のポテサラ→480円
豆腐サラダ→580円,シーザーサラダ→680円
ご飯・汁物
みそ汁→120円
ライス(大盛サービス)→180円,梅茶漬け,シャケ茶漬け→各480円
焼き鶏丼(みそ汁付),あぶりチャーシュー丼→各680円

つけ麺→680円,ゴマみそラーメン→750円
デザート
串揚げバナナ→100円,串揚げバウム→120円
抹茶ブラウニーティラミス→280円
バニラアイス,チョコアイス抹茶アイス→350円
パンケーキ→380円
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集