満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:ビアン モール(bien mall)

分類:和食・洋食・中華 所在地:富山県小矢部市野寺(北陸中央病院併設)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2015年1月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ドックランチ
今回の所要経費:人間ドック費用に込み
探検隊の報告:
ドックランチ  人間ドック1日目の昼食である。毎年人間ドックに行っているのだが,今年からお昼ご飯の方法が変わったらしい。胃カメラ検査をした人は,これまでなら病院食を食べていたが,今度からは併設のこの食堂でランチ券と引き替えにお昼ご飯を食べる。胃カメラ検査のあとは2時間は飲まない食べないということで,これまでは病院食をそのまま病棟のテーブルに置いておかれていたのだが,それが衛生的によろしくないということらしい。こちらとしてはお昼ご飯にありつければどこで食べてもよいし,病棟ではなく歩いて併設の食堂へ行くものまた一興と思えるので,この昼ご飯を楽しみにしていたのだった。
 何しろ朝から何も食べていない。そして胃カメラ検査をして,食べていいのが午後1時45分からである。とにかくお腹が空いている。この食堂の営業時間は午後2時で終わるので,もうぎりぎりの時間である。1時40分過ぎには病室を出て,この併設の食堂「Bien Mall」へと向かう。
 ここへ着くと,表には「本日のランチは売り切れました」という表示。おおっ,これはどうしたことだ,ランチにありつけないのか!と思い,おそるおそるランチ引換券を渡すと,「はい,座ってお待ちください。」とのこと。そして調理場に向かって「ドックランチ1つ。」とのかけ声。人間ドック用のランチは別物らしい。いや,この手の時間に現れる胃カメラ検査をした人は当たり前のようにいるので,もともとその分くらいのランチは準備してあるのか。とにかくこの日のランチが売り切れということだったので,一般のランチと同じなのか,違っているのかはわからない。
 とは言え美味しくごはんをいただく。ごはんに味噌汁,漬け物。ジャガイモの茹でたやつ,ブロッコリーのサラダ。そして本日のメインディッシュらしきシーフードと野菜のトマト煮。こんな名前なのかはわからないが,なかなかいい味でごはんが進む。
 「胃カメラ検査で組織検査をした人はうどんに変更もできます」とランチ引換券には書いてある。実際には今回検査中にちょっと組織を切り取られ,モニターを見ていると胃から出血もあったが,そんなことなどお構いなし,うどんなんかに変更はせず,美味しいごはんの方をいただいたのだった。
 さすが病院らしく,すべてのお品書きにはカロリーが表示してある。ほかのいろいろなお品書きも食べてみたいところだったが,そうそうここの病院に来ることもなく,次はまた来年の「ドックランチ」を楽しみにしますかね。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2016年1月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ドックランチ
今回の所要経費:入院費込みだが日替わりランチなので600円
探検隊の報告:
 またもや毎年来ている1泊2日の人間ドックである。昨年より1日目のお昼ご飯は院内レストランに代わったと書いたが,今年からはさらに2日目のお昼ご飯も院内レストランになったのだった。確かにお昼ご飯というのは検査内容によって結構みんなまちまちの時間となる。なので院内レストランで適当に食べた方が病院としても楽なのだろう。しかも人間ドックに来ている者は別に病気で食事制限とかがあるわけでもなく,普通に何でも食べられるはずなので,一般の人向けのレストランでも何ら差し支えがない。
ランチ(カツカレー)  ということで,1日目と2日目のお昼ご飯の紹介である。ちなみにこれはその日の日替わりのランチということのようである。厨房には「ドックランチ」と伝えられていたが,出てくるのは一般の人が注文する日替わりランチであった。
 こちら1日目。「カツカレー」である。後はスープと小皿に福神漬け,デザートが杏仁豆腐。 なにしろ朝食抜きだったので美味しくいただく。そして,朝食抜きだったので量が少なく感じる。なので後でおやつに売店で買ったカップ焼きそばを食べたのだった。
ランチ(パスタ)  こちら2日目。胃カメラ検査の後で,検査終了1時間30分以上後に食堂にやって来る。この日のお品書きは「麻婆風ミートソースパスタ」。普通のトマト味のミートソースではなく,中華の麻婆豆腐のあの味付け。すごく辛いということはないが,ちょい辛めで,こんなミートソースも作れるんだと美味しくいただく。あとはシーザーサラダとスープ。
 ちなみにドックランチの食券を取りに来たおねえさんが
「ごはんもつけられますが……」
と言うので,意味がわからず,それって人間ドックの胃カメラとかの検査の後だったりするので,刺激の少ない白御飯に交換するのかと思い,
「それって追加ですか?」
と聞くと
「いや,追加ってわけじゃなくて……」
と言うので,ますます追加でないとすれば、パスタと交換かと思い
「じゃ,普通にランチでいいです。」
と答える。しかし他の人にも同じように聞いているらしく,よくよく見ると「ごはんをつけた」人はつまり追加でふりかけをかけた白御飯がついて来るのだった。おねえさんに聞いた「追加ですか」は「白御飯が追加ですか」の意味だったのに,おねえさんは「料金が追加ですか」と取り違えて「そうじゃない」と答えたのかもしれない。言葉が少ないというのは誤解の元であるとつくづく思う。いったいどう聞けばよかったのか。
「おまけでランチにさらにごはんがつくのですか。」
とでも聞けばよかったのか。おねえさんも
「いや,料金は追加されません。ふりかけごはんが追加されます。」
とでも言ってくれたらわかったのに。
 ということで,この日も朝食抜きの検査だったので,これでごはんがあればまあまあお腹も満たされていただろうが,ごはんがもらえなかったので,少々物足りず,結局は金沢に帰り着いて,ちょっとばかりラーメン屋でつけ麺を食べたのだった。
 そうそう,ここのお品書きを見ていて一つ発見した。油揚げの載っているうどんやそばをここ富山県小矢部市でもお品書きでは「いなりうどん」「いなりそば」と言うらしい。「いなりうどん」「いなりそば」は金沢弁かと思っていたが,金沢市に隣り合わせの小矢部市も「いなり」が通じるらしい。富山県はいったいどこまで「いなりうどん」「いなりそば」で通じるのだろうか。また新たな金沢弁の探究テーマが見つかった。
(参考までに当ウェブサイト「読んでみまっし金沢弁」の中の「いなり・きつね・たぬき」のページをご覧ください。) −−−海老フライの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き このときのお品書きいろいろ
★本日のランチ→600円
★定食
焼肉定食→720円,とんかつ定食,ハンバーグ定食→各780円,えびフライ定食→830円
★うどん・そば
素うどん・そば→各380円,いなりうどん・そば,山菜うどん・そば→各420円,えび天うどん・そば→各500円,ざるそば,ざるうどん,カレーうどん→各520円,焼きうどん(目玉焼き,サラダ付き)→670円
★洋食
カレーライス→530円,カツカレー→700円,オムライス→620円
★中華
ラーメン→480円,カレーラーメン→520円,野菜ラーメン,和風ラーメン→各530円,チャーハン→600円,焼そば→670円,冷やし中華→700円
★丼
玉子丼→500円,カツ丼→620円
★セットメニュー
トーストセット→420円,ケーキセット→520円,サンドウィッチセット→600円
★単品
おにぎり1個→130円,サラダ→210円
そのほか飲み物あり
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2016年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ドックランチ
今回の所要経費:入院費込みだが日替わりランチなので600円
探検隊の報告:
 またもや毎年恒例1泊2日の人間ドックのお昼ご飯である。
 昨年より2日ともこの食堂でいただくことになった。ということで,今年はさらりと紹介しておこう。
ランチ(若どりのねぎ塩焼き)  1日目。
 若どりのねぎ塩焼き。菜の花のおひたし。モヤシの酢の物(だったはず)。
 またもや胃カメラ終了後1時間30分待って1時ちょっと前のお昼ご飯である。
 このねぎ塩だれというのがなかなかいけるね。
病院の夕食  おまけにこちらは病院の夕食。こちらはしっかりと病院食。といっても病人ではないので,おそらく普通食。味が薄いが,そんな薄味にも慣れているので,美味しくいただける。
 それにしても朝ごはん抜きだったので,お腹が空くのなんのって。ごはんが食べられるって幸せだよねえ。
ランチ(カレイとごぼうの煮付け)  2日目
 カレイとごぼうの煮付け。春雨サラダ。コロッケ。
 このカレイの煮付けというのが上手に作ってある。ちなみにごぼうも人参も甘め。
 ついでながら昨夜の病院食よりもあたり前だが濃い味。おまけにキャベツにソースかけて,一段と濃い味に自分でしている。こうやって人は濃い味になっていくのだった。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集