満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:ラストワルツ(Last Waltz)

分類:バー
所在地:金沢市片町2丁目13−13−9(新天地の一角。片町方面からは新天地の一番奥)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年4月  今回の探検目的:宴会の3次会
今回のお品書き:5人でやって来て,4人はテキーラなどの濃い酒を各1杯。自分はウィスキー(サントリー角瓶)をボトルキープ
今回の所要経費:総計12200円だったはずだが,明細は不明
探検隊の報告:
 久しぶりの「ラストワルツ」である。そして,「ディープな金沢探検隊」第2部である。
 1次会が豪華「つば甚」だったが,その後はアメリカから来た2人を交えての「ディープな金沢探検隊」である。「ディープな金沢探検隊」第1部,つまり2次会はここ「新天地」を通り過ぎ,「やきとり横丁」の「島やん」だったのだが,やはり次は「新天地」に行きますかとやって来た。それが久しぶりの「ラストワルツ」だった。
 そして,驚いたことに,あのマスターがいなかった。
 この店にいないというのではない,この世にいないのだった。
 紆余曲折の末にこの店を引き継いだ新マスターによれば,彼は半年ほど前に病気で他界したらしい。名前が自分と同じ「こういち」で,しかも,まだここ「新天地」ではなく,犀川大橋近くに店があった頃から通っている身としては,長髪で,人なつっこい彼の顔を思い出すのだった。
 自分が初めて「ラストワルツ」に来たのはもう30年も前,1980年代の後半であった。
 ジャズをぼけっと聴くなら「ヨーク」で,ロックをぼけっと聴くなら「ラストワルツ」ということで,お気に入りの店だった。ボトルもずっとキープしていたが,久しぶりに行っても,覚えていてくれて,ボトルはいつも瓶はそのままで,中身だけを継ぎ足しをしていたのだった。
 今夜は昔のボトルがあるか尋ねたが,すでにない。そこで,ここではお決まりの「角瓶」を新しく入れた。
 アメリカから来たケイ女子が「ローリング・ストーンズ」をリクエストし,
「ミック・ジャガーっていいよねえ。」
 と語る。
 そういえば,この「満腹探検隊」には「ラストワルツ」のページがなかった。これまで何回も来ているはずだが,なかった。というのも,もっと本格的にこの「ラストワルツ」を紹介するページを作ろうと思っていたからだった。「ラストワルツ」のウェブサイトはあったが,自分なりに紹介するページを作ろうと思っていたのだった。そんな話をマスターにしようかと思っているうちに,彼はすでに帰らぬ人となっていたのだった。
 昔のデータをひっくり返すと,いくつか携帯電話で撮った画像があった。
 今はなき「こういちマスター」に敬意を表して,それを載せておこう。
 一体誰とどのような経緯で来たのかはすでに記憶にない。
(←2007年11月)

 古くは2007年の画像がある。それは昔からのサントリーの「角瓶」で,相変わらずの「PKP」のラベルが貼ってある。

(2007年11月頃のサントリー角瓶のボトル→)

 2007年はと言えば,市役所に出向していた頃で,このボトルのラベルも下の方には確か「リカコ」なんて女の子の名前のラベルがついていたような気がする。
 彼女は東京から金沢に研修に来ていたのだった。
 「rikako@kanazawa」なんていうラベルがずっとついていたなあと思い出した。
 この角瓶のボトルもすでに処分されたらしい。
 こんな風に,女の子と一緒に来てみたり,仲間を誘って来てみたり,そして,一人ふらりとやって来たりしていたのだった。
 そういえば,昔は壁にたくさんのインスタントラーメンの袋がぶら下がっていて,それを持ってきて,マスターに「これ作って」とリクエストすることもあった。確かそれが500円だった。
 すでに今はない。
 こういちマスターが
「こんなもん(つまりインスタントラーメン)を注文する人がいるんだよねえ。なんでこんなもん注文するんだろ。俺はしないけどね。」
 などと,売っている本人が言っていたのを思い出す。

(←2012年5月。暗くて,携帯電話のカメラでなぜか赤く写る)

「昔はインスタントラーメンがたくさんあったよねえ。」
 と言うと。新マスターは
「彼(こういちマスター)が,『こんなもん,体に悪い。』って言ってやめちゃったんですよ。」
 と笑いながら言う。あのインスタントラーメンも,この店の名物(?)だった。

(2016年5月。はて一体誰と,どういう経緯で来たんだったやら→)

 この店で多くの人たちと語らったなあ。
 そして今夜もまた,何のご縁か,「ディープな金沢探検隊」と称して,アメリカからやって来た2人と共に呑んでいる。
 これからもまた,自分が元気である限りは,この「ラストワルツ」にもやって来るんだろうなあ。
 そんな「ディープな金沢探検隊」であった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年6月  今回の探検目的:宴会の5次会
今回のお品書き:3人で1杯ずつ飲む
今回の所要経費:総計3300円だったはず
探検隊の報告:
 またもや「ディープな金沢探検隊」である。
 時刻はすでに午前1時に近い。先ほど「中央味食街」の「そのちゃん」を出て,いよいよ5人いた隊員が3人となり,どうせなら近いここ「ラストワルツ」に行くか,とやって来る。5次会である。
 ここは花金とあってか,カウンター席はかなり埋まっている。で,お客さんに一つずれてもらい,3人でカウンター席の入り口に近い方に座る。
 飲んだのはボトルキープの角瓶のロック。お隣ケイ女史はワインだったか。
 これまで見たことない,若い男の子がバイトをしている。
 おつまみに出てきたのはチーズと自家製セロリの糠漬け。それとなんだか辛いやつ。名前を聞いたのに忘れている。
 それにしても,なぜにこの携帯電話は赤く写るのか。確かに照明はかなり赤っぽかった。だが,それに輪をかけて赤く写る。どうもホワイトバランスが悪いらしい。古い携帯電話であるが,カメラ機能は当時としては最高水準だった。だが,ホワイトバランスを「オート」のままにしていつも使っているが,時々赤っぽくなるのだった。あまり考えずに使っているが,ここの照明が電球色中心のせいだろうか。
 しかし,この店で何を語ったのだろう。結構ぼけっと画面を見ていた。賑やかなロックが流れる花金の「ラストワルツ」だった。
 そして,またもや1杯だけで店を去る。
 つまりは午前1時を回って,さらにもう1軒行こうということなのであった。
 「ディープな金沢探検隊」は,1杯だけ飲んでは次々と酒場という森の中をさまよい,次の居場所を求めて探検に出かけるのであった。
−−−ビールの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集