満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:能登牛骨めん 匠八屋(しょうはちや)

分類:ラーメン
所在地:金沢市進和町50(間明町交差点近く)

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2021年3月 今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:能登牛骨麺(醤油味)
今回の所要経費:780円
探検隊の報告:
 なかなかにいい味のスープだった。
 いつの間にか「らーめん天水」が変わっていた。それを発見したのは昨日だった。
 昨日はこの近くの台湾料理屋「和香居」に来ていて,帰りに一時停止で左折しようとして右手を見ると看板が変わっていたのだった。
 「らーめん天水」に「閉店」の張り紙を見たのは雪の降り積もる頃だっただろう。「今日は定休日」という意味ではない「やめました」という意味の「閉店」なのだろう,いつの間に閉店したのだろう,とそのときは思った。そして,「らーめん天水」はなかなかいい店だったのにと思ったが,以後その跡地に注目することもなく,昨日まできていたのだった。
 で,昨日見かけてさっそく今日来た。
 店に入るとまずは券売機がある。わかりやすい券売機である。左上が「能登牛骨麺」,その右に「能登牛骨麺タンタンメン」とあり,とにかく初めての店では券売機の一番左上という「満腹探検隊」の常を実行する。
 テーブルに座るとおねえさんが食券を受け取りに来て「味は醤油,塩,タンタンのどれにしますか?」と聞くではないか。てっきりこの食券は選択肢のない「能登牛骨麺」なのかと思ったら,三択だった。券売機には「能登牛骨麺タンタンメン」というボタンが一つ横にあったので,「タンタン」という選択を同じ食券でできるとは思わなかった。あの「能登牛骨麺タンタンメン」というボタンは何のためにあったのか?
 で,とりあえずおねえさんに聞いてみる。「基本はどれですか?」と。すると予想通りに「醤油です。」との答え。「じゃあ,醤油で。」と注文が決まるのだった。
能登牛骨麺(醤油味)  さて,待つことしばし,ご所望の「能登牛骨麺」がやって来る。
 澄んだスープに,麺が沈み,上にはこれは豚肉ではないのでチャーシューとは呼べない,牛肉のローストビーフというべきか,いや,ローストして焼き目がついているわけではない,もはや表現の仕方が分からない牛肉が載る。あとはラーメンの定番のメンマに刻みねぎに,白髪ねぎ。
 スープを一口すすれば実にいい牛肉の味わいが染み出ている。よくある鶏ガラスープや豚骨スープ,あるいは魚介系といった味わいとはまったく違う牛肉の味わいである。例えて言えば,好物「牛スジ煮込み」のスープを薄めて,味わいが出ているといった感じ。例えて言えば「すき焼き」をするときに最初に入れた脂身を,途中で透明になったあたりで引き上げてしまって,まあいいや,赤身の肉ではないが,これも食べてみようと口にしたときのとろりとした味わいといった感じ。あまりないラーメンスープだろう。
 麺の方は標準的な味わいの中太麺。しかしスープが絡んで美味しくいただける。
 とにかく今日はスープを飲み干した。このような牛骨味もなかなかいけるものである。

このページの先頭

−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き このとき(2021年3月)のお品書きいろいろ:
能登牛骨麺(醤油,塩,タンタン)→780円
能登牛骨麺肉盛り→980円,
能登牛骨麺半チャンセット,ガーリックライスセット→各980円,
ミニスタ丼(豚)セット→1080円
能登牛牛丼→780円,生姜焼き定食→720円,チャーハン→600円
ごはん→100円,麺大盛り(替え玉)→100円

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊のトップページ 検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionのトップページ  サイトマップ  更新情報