満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:和香居(わこうきょ)

分類:中華
所在地:金沢市間明町1−30(間明町交差点から北進すぐ右手)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ラーメンセット(台湾ラーメン+炒飯)+サービスドリンク
今回の所要経費:700円+0円
探検隊の報告:
 いやはや「満腹探検隊」だったね。
 先日この近くの「岩本屋」に行った帰り,いつもと違う裏道を通ってみたら見かけた店だった。
 赤に黄色に,キンキラキンの提灯の装飾。「いかにも中国だぁ」って店。そうしたら台湾料理の店だった。
 お昼には日替わりのランチメニューもあれば,お昼だけの安くなっているセットものもある。せっかくなので台湾料理の店で,台湾料理じゃないけど「台湾ラーメン」を注文する。「ラーメンセット」がお得なようなので,これと「炒飯」のセットである。
台湾ラーメン  待つことしばし,というよりも,結構待ったような気がする。この店開店から8番目のお客だったのだが,最初の2人が日替わりセットで,これはいろいろとてんこ盛りなので時間がかかるらしい。
 さて,まずは「台湾ラーメン」の方がやって来る。
 スープを一口すすれば,茴香の香り。実にいい味のスープである。量自体はそんなに多くはないが,このあと炒飯が来るので,これくらいでちょうどよい。
 上のそぼろにもいい味がつき,ニラとともに,スープとしてもいただける。
 見ていると,本日の「台湾ラーメン」6番目の提供であり,先の日替わりセット以外の6人は全員がこの「台湾ラーメン」を選んでいる。
炒飯  さらにしばらくして「炒飯」である。
 結構な濃い味の炒飯。塩味が利きすぎか。こいつはあとでのどが渇きそうな感じであった。しかし,ごはんは美味しいねえ。
 だいぶ食べ進んだところで,お店のお母さんが「サービスドリンクは何がいいか」と聞きに来る。この値段のセットで,さらに飲み物までサービスとはなんともはや,お得感満載のお昼のセットなのだった。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2019年3月)のお昼のお品書きいろいろ
日替わり定食
A→700円(この日は A1 若どりの唐揚げ,A2 ニラ玉子)
B→750円(この日は ピリ辛ニラともやし炒め)
担々麺ランチ→700円
700円のラーメンセット(ラーメン+ごはんもの)
(ラーメンは醤油ラーメン,台湾ラーメン,塩ラーメン,豚骨ラーメンから選択,ごはんものは中華飯,炒飯,天津飯,麻婆飯から選択)
900円のラーメンセット(ラーメン+ごはんもの)
(ラーメンは醤油ラーメン,台湾ラーメン,塩ラーメン,豚骨ラーメンから選択,ごはんものは回鍋肉丼,台湾飯,麻婆天津飯,唐揚げ飯,目玉酢豚ナス丼,四川飯,フワフワかに玉丼から選択)
定食
豚ホルモンとニラ炒め定食,豚肉とニンニク芽炒め定食,焼肉定食,豚肉とキクラゲ炒め定食,豚タンと黒クルミ炒め定食,砂肝と双椒強火炒め定食,海老チリ定食,麻婆ナス定食,得得点心定食,野菜お粥と餃子定食,天津飯定食,炒飯定食→各980円
焼きそば定食,回鍋肉定食→各880円
ニラもやし定食→780円
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:担々麺セット+サービスドリンク
今回の所要経費:700円+0円
探検隊の報告:
 いやはや今日も賑わっていた。
 いつもこのあたりでは「らーめん天水」にばかり来ていたが,「らーめん天水」以外にも,このあたりにはいろいろと食べ物屋があるのだった。そこで今日は韓国料理の「ぴょんちゃん家」に初訪問しようとしたのだが,どうも開いていない。そこで,引き返し,ラーメンの「岩本屋」にしようかと思ったが,これまで何回も行っており,それも芸がないので,結局は先日1回来た「和香居」に2回目の訪問である。
 入店したのは午後1時頃。しかし,席は半分弱は空いているが,おかあさんも忙しそうである。自分はまだこの先5番目くらいのお客である。注文は「担々麺セット」だったのだが,水とおしぼりが忘れ去られている。この忙しさだ,まあいいやとそのままにしておく。
 カウンターの上には端から端まで,前のお客の使った丼やらグラス,お盆に載った鉢の類いが所狭しと並んでいる。いよいよカウンターの上に置けなくなったおかあさんは店の奥の床の上にまで食器を置く。お昼時の食器は,すべてのお客が去ってから洗うのかどうかは知らないが,この間使った食器は洗われる様子もなく,次々とたまっていくのだった。
 相変わらず元気よく
「少々お待ちください。」
 と,調理をしながら言うおとうさんだが,少々ではなく,結構待つ気分である。
 とりあえず,カウンター席の端にあるテレビを眺めながら,待ったが,その番組は飲食店の番組。2000円近いランチを見て「まあ,安い!」というマダムが登場したり,4500円で断るまで何皿でも小鉢が出てくる店とか,2800円のフランス料理のランチとかをやっていたが,世の中の人の金銭感覚も結構いい加減,いや,人それぞれである。手っ取り早くお昼ごはんを済ませようとするサラリーマンのおじさんにとっては,2800円のランチは,お金の使い方としてはもったいなすぎる。2時間ほどのんびりと語り合いながら,2800円のランチを味わうならともかく,実質20分以内で食べるお昼ごはんに2800円は使わない。それだけお金と時間が使える人がたくさんいるというのも,人口の多い東京だからなのか,それとも,日本全国,貧富の差が大きくなったからなのか。
担々麺セット  などと,どうでもいい感想を持ちながら待つこと20分,ご所望の「担々麺セット」がやって来る。担々麺とごはん,サラダ付きのミニハンバーグと冷や奴,そして香の物である。
 「担々麺セット」を持ってきてくれたおかあさんが水がないことに気づき,ようやく水とおしぼりがもらえる。
 担々麺のスープはピリ辛の中にもコクがあり美味しい。この担々麺,食べていくと,丼の底から溶き卵が出てきた。先ほど調理場からは玉子を溶く音が聞こえてきて,これは誰か天津飯とか炒飯とかを注文したのかな,と思ったのだが,何のことはない,その玉子は担々麺の底から出てきたものらしい。こんな担々麺を食べたのは初めてだが,これがこの店の特徴だろうか。
 それにしても,ごはんはてんこ盛りだし,それにラーメン食べて,おかずがあって,お腹いっぱいである。満腹の上に,担々麺の辛味でお腹が熱くもなってきた。いやはやこいつは「満腹セット」だったね。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集