満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:秘密麺結社スパルタンZ

分類:ラーメン
所在地:石川県野々市市御経塚5丁目72
(国道8号線御経塚交差点から東へ50m)

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2021年9月 今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:スパルタン醤油  今回の所要経費:830円
探検隊の報告:
 「何というスープの色だ!」「何という麺なんだ!」と思ったが,味の方は悪くなかった。
 いや,その前に「なんという屋号なんだ!」
 毎度おなじみ「ラーメン探検隊」はいつものように地図で店を検索し,行ったことなかったら行ってみるのだった。今日も某地図サイトで「ラーメン」を検索したら,職場にそこそこ近いが行ったことのない店を見つけたので,隊員のアメリカからやって来たケイ女史と共に出かけた。
 店の外には大きな看板がないようなので,やって来てもここでいいのかという感じで前の駐車場に車を止める。しかし,しっかりと店の名前はあるし,表通り側に3人ほど立っていたので,そこが入り口で行列かと思ったらそうではなく,のれんをくぐって入る。のれんには「18歳未満も入場許可」とあり,店主の遊び心がうかがえる。いやそもそも店の名前からして「スパルタンZ」などという謎の命名である。
 中に入ると券売機があり,見てみるとわかりやすい。最初の一列に「スパルタン醤油」「スパルタン味噌」「スパルタン塩」と並び,その下は「限定」とかいうボタンが並ぶ。真ん中当たりにトッピングが並び,実にわかりやすい配列である。
 それにしても「塩」にだけローマ字で「SORUTO」とついており,「SALT」と英語でないところが面白い。ケイ女史にローマ字で書いてあるよと言うと,最初「SORUTO」の意味するところが分からず,しばらくして「SALT」のことかと気がついて笑っていた。しかし「SORUTO」には何か込められた意味があったのか?
 などという券売機で,「満腹探検隊」の常として一番左上の「スパルタン醤油」を選んだのだった。
 さて,食券を買って,しばしテーブルが片付けられるまで待つ。待ち席からカウンター席の上を見るとずらりと「矢沢永吉」のレコードが並ぶ。
 ケイ女史が「この人って1980年代の人?」と聞くので「一応古くからの人。だって,置いてあるのみんなレコードでしょ。」と言うと納得した様子。
 矢沢永吉のレコードが並ぶことといい,後ろには「ドラゴンボールZ」のフィギュアが並ぶことといい,ここの店主はかなり熱狂的な対象を持っているらしい。屋号に「Z」がつくのは「ドラゴンボールZ」から来ているのか。
スパルタン醤油  などと見ているうちに,2〜3分で3つあるテーブル席の1つに案内される。そして,結構早い時間でご所望の「スパルタン醤油」が届いた。
 で最初の感想が「何というスープの色だ!」である。
 あの「富山ブラック」を連想させるような真っ黒な色である。で,スープを一口すすすが,醤油辛さはなく,コクのある味であった。
 そして麺をすくい上げて次に「何という麺なんだ!」である。
 平打ち麺だが,ここまで幅の広いラーメンには初めてお目にかかる。まるで「きしめん」の体である。ケイ女史が「これってフェットチーネみたい。」という。つまりはイタリアの平べったいパスタだが,日本人は「きしめん」を連想し,アメリカ人は「フェットチーネ」を連想するってことか。まあ,きしめんほど幅広くはなく,厚さも薄く,色も黄色いから,どちらに近いかと言えば「フェットチーネ」の方である。この麺もなかなか食べごたえがあって美味しかった。
 上に広がるチャーシューを食べつつケイ女史が「これって牛肉?」と聞くが,この味わいはやはり豚肉だろう。薄味のチャーシューで,スープの味を邪魔しない味わいである。
 あとはかいわれ大根とメンマも穂先メンマが載るもの特徴か。
 そうそう,透明なレンゲのラーメン屋も初めてだ。
 スープをすすっていくうちに,結構胡椒の味がしてくる。あの「富山ブラック」ほど醤油辛く,胡椒効きすぎって味ではないが,このスープの特徴かもしれない。胡椒の粒らしきものがスープと共に口に入る。それでもコクのある味であった。
 帰り際にもう一度3つのお品書きを見て,「3種類だから,3つとも食べに来てもいいね。」とケイ女史と話して,店をあとにする。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2021年9月 今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:スパルタン味噌  今回の所要経費:900円
探検隊の報告:
 豚骨味噌の味わいだったね。
 今日も今日とて「ラーメン探検隊」のアメリカからやって来たケイ女史と共に出かける。
 「今日はどこがいいかな?」と言うと,「決まってないなら,あのクリーミーな味噌ラーメンのあの店は?」と言うので,「ああ,あそこ。」ということでやって来たのが,先週もやって来たここ「スパルタンZ」である。
 注文は2回目なので,券売機の左から2番目の「あのクリーミーな」「スパルタン味噌」である。ちなみにそう言ったケイ女史は「味噌」は選ばず,「ピンクのSORUTOにしてみる。」と「スパルタンSORUTO」を選択。今日は「限定C」として,何やら特別メニューがある。これにもそそられたが,やはりまずは基本のラーメンでしょ,と「味噌」の選択である。
スパルタン味噌  待つことしばし,ご所望の「スパルタン味噌」がやって来る。
 スープを一口すすれば,「豚骨」の味わいがする。味噌は辛くもなく,甘くもなく,こってりでもなく,あっさりでもなく,スープにじんわり溶け込んだ感じ。
 そうそう,ケイ女史が「クリーミーな」と表現した,ホイップのような泡がのっかっているが,それをかき混ぜつついただく。
 麺は「スパルタン醤油」と同じ平打ち麺。本当にイタリアのパスタみたいにいただく味噌ラーメンなのだった。

このページの先頭

−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き このとき(2021年9月)のお品書きいろいろ
スパルタン醤油→830円
スパルタン味噌→900円
スパルタン塩(SORUTO)→850円

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊のトップページ 検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionのトップページ  サイトマップ  更新情報