満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:大喜(たいき)

分類:中華(ラーメン)
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−−
所在地:富山県富山市大島1−135【大島店】(県道3号線沿い,常願寺川近く)
探検時期:2018年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:中華そば(小)
今回の所要経費:750円
探検隊の報告:
 それにしても濃い味だった。
 富山県へとやって来た。車を走らせ,お昼時だから何か食べようと見かけたラーメン屋に入る。そこが「富山ブラックラーメン」の店で,しかも,そこにあった説明書きによれば「富山ラーメンの元祖 昭和22年創業 富山で最も古いラーメン専門店」とあり,たまたま入った割には由緒ありげな(?)店だった。
 さて,お品書きを見ると,基本は中華そばのみ。で,サイズが「小」「大」「特大」とあり,それぞれが750円,1120円,1500円である。どう考えてもラーメンに1000円以上出す気にもなれず,この750円の「小」というのが基本なのかもしれないと,連れ合いと2人,ともに「小」を注文する。
中華そば(小)  さて,待つことしばし,ご所望のラーメンがやって来る。見るからにくどそうな黒いスープ。それにたっぷりの粗挽き胡椒。一段とくどさを増長させる雰囲気。
 見ると,脇には食べ方が書いてあり,とにかく「『麺,チャーシュー,メンマ』をスープの中で混ぜろ」とある。なので,その通り混ぜてみる。つまりはこの胡椒の味がスープ全体に行き渡るのであった。
 そして,一口麺をいただくと,まあ濃い味だのなんのって。「くどい」の度を超している。そして,これが「元祖富山ブラックラーメン」なのかと感心する。要するにコクや旨みよりも味の濃さが勝っている。きっとこれにはまり,これが好きな人は,きっと美味しいのだろうが,普段薄味に慣れている身にとっては,濃すぎるのであった。
 あとから来た2人連れの女の子の方は「胡椒抜き」を注文している。なるほどそのような注文の仕方もあるのか。すると「薄味」という注文もあるのだろうか。
 が,まあとにかくこのスープは飲む気にはならない。くどい上に,胡椒味になってしまっている。しかもメンマの解説は「塩っ辛いメンマ」となっている。
 置いてある解説を読むと「ドカ弁やおにぎりを持った労働者のために,おやっさんは濃い味付けでチャーシューのたっぷり入った『よく噛んで』食べるおかずの中華そばを考え出した」とある。確かに塩分の補給にはもってこいだろう。ごはんのおかずにもいけるかもしれない。だが,これを毎日食べると高血圧になりそうだ。そんなラーメンだった。
 帰り際に
「次に来て,注文するとすれば『胡椒抜き』かなあ。」
 と言うと,連れ合いは,
「きっと来ないと思うけど。」
 と言う。うーん,やはり,「胡椒抜き」という基本の味から外れた味で,味わうのは「元祖富山ブラックラーメン」に対しては邪道か。いや,先ほどの女の子のように,それもありなんだろうとは思うが。
−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:「大喜 大島店」のウェブサイト(外部リンク) 営業時間 営業時間:11:00〜22:00
定休日 定休日:なし(年中無休)
座席数 座席数:43席
駐車場 駐車場:共用のため,多数あり
お品書き このときのお品書きいろいろ:
中華そば
小→750円,大→1120円,特大→1500円
あとはライスとトッピングいろいろ
のり→50円,生たまご→60円,味付け煮玉子,キクラゲ,ワカメ,キムチ,ネギ(増量),メンマ(増量)→各100円,チャーシュー(増量)→300円
おつまみ(?)
特製ギョウザ→350円,チャーシューメンマ→550円,高岡流お好み焼きトトまる→550円 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集