満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:近江町市場 金沢おでん いっぷくや

分類:和食(おでん) 所在地:金沢市上近江町(近江町市場内)
−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2016年5月  今回の探検目的:宴会前のちょい呑み
今回のお品書き:おでん(大根+牛すじ+たこ)+生ビール
今回の所要経費:200円+160円+300円+400円→計1060円
探検隊の報告:
店先  いつのまにやら「金沢」の「おでん」が「金沢」の「金沢おでん」になってしまったねえ。
 日曜日の午後である。玉川町で仕事を終え,この日は夕方から駅前で宴会である。そのすき間にぶらりと近江町にやって来て軽く一杯やってから出かけようと,店を探す。エムザ口から入ってすぐの「あまつぼ」はカウンター席にしっかり座ってしまうと,軽く飲むという感じにならず,ちょっと抵抗があったので,そのまま真っ直ぐ進む。何回かお世話になった「大口水産」の「焼き焼きコーナー」は店じまいを始めている。そこでその先にあるという「金沢おでん いっぷくや」を目指す。
 それにしても単なる「金沢」の「おでん」だったのに,いつのまにか「金沢おでん」というブランド名のようになってしまった。新幹線開業効果というのか,観光客増加効果というのか,「金沢特集」やり過ぎ効果というのか。特別な物と思わなかった「おでん」がなんだか「金沢おでん」と呼ばれると特別な物のように感じてしまうから不思議だ。
おでん  さてここで何を注文するかだが,「金沢おでん」の独特なおでんダネと言われる「梅貝」も「はべん」(赤巻き)も注文せず,自分の好きな「大根」,「牛すじ」,「たこ串」の3つを注文する。そして生ビールである。「辛子つけますか。」と聞かれて,つけてもらうこととする。
 一番大きな席には外国人のおじさん4人組が陣取ってビールを飲みながらおでんを食べている。こんな風景も新幹線効果か。あともう一つの席は若者3人がおでんをほおばる。なので座る席がなく,立ち飲みである。立ち飲み用のテーブルが2つほど用意してあるそのうちの一つにおでんと紙コップのビールを置き,一人立ち飲み宴会である。
 大根がえらく熱い。「はふはふ」言いながらいただく。牛すじは小ぶりだが柔らかく炊けている。珍しくたこを食べたのだが,これもまたビールに合う。っておでんなら何を食べてもビールに合うのだが。味は薄めでちょうどよい感じ。最後にはお汁をすべて飲み干すが美味しい。
 食べ終わった外国人4人組のおじさんが,片町方面に行きたいのでどちらに向かえばいいのかと店員に聞いている。店員は必死に英単語を並べて対応している。こうやってグローバル化すればするほど「金沢おでん」などというローカルなブランドづくりが大切になるってことか。
−−−おでんの仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き このときのお品書きいろいろ:
たまご,ちくわ→各100円,赤巻き,ごぼう天,こんにゃく,玉子焼き→各130円,ふき,糸こんにゃく,もち巾着→各150円,牛すじ串→160円,車麩,ふかし,竹の子,里芋→各180円,大根,厚揚げ,えび天,焼き豆腐→各200円,タコ→300円,ばい貝→350円,がんもどき,ばくだん→各380円,えび面→600円 −−−おでんの仕切り線−−−
満腹探検隊の 金沢おでん特集のページ
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集